ジャズと小噺
Jazz and Topics

(38) トニー・ベネット90歳の記事に
別のサイトで8月7日に書いた「4人の長生き爺さん婆さん」の話の中にトニー・ベネット90歳がある。

それも 4人の中で一番若い。最年長はVera Lynn 99歳、Carol Channing 95歳、Jon Hendricks 95歳、そして、3日前に90歳になったTony Bennettの紹介記事である。

さて、4カ月経って2016年の暮もあとわずかの22日、毎日新聞の切り抜きがデスクの上に置いてあった。トニー・ベネット90歳の記事だ。川崎 浩かと思ったら違う。そうか、川崎浩は偉くなってちょろちょろ記事なんて書かないらしい。それならとんまな間違いはないだろうと読んでみた。だめだ!

やはり、読んだ人に誤解を招きそうだ。下の記事には、「不遇な時代もあったが、80年代に息子がマネージャーになって好転、デュエットなどの企画を出しファン層を広げた」とある。最初のDuetsが出たのは2006年です。話が30年も跳んでしまって繋がらないよ。

彼を育てたRalph Sharonと1965年に離れて、70年代が音楽的にどん底だったことは確実なことだ。同じ時期に愛妻との離婚もあった。ラルフは79年に戻り、それ以降は2000年に引退するまで音楽監督と伴奏を続けてくれたのだった。それでトニー・ベネットは仕事が出来たのだ。ラルフが取り上げてアレンジし、彼に歌わせる曲は素晴らしいものばかりだ。ラルフの伴奏は特別だ。どれだけ伴奏を採譜したことやら。

ラルフ・シャロンを語らずして、トニー・ベネットの話は出来ない。この音楽ライターはラルフをご存じないらしい。”I Left My Heart In San Francisco”もラルフが歌わせた歌ですよ。

95年にアルバム”MTV Unplugged”がグラミー賞を取ったことは大変な成功となった。このレコードから何曲も私のレパートリーになった歌がある。このライターの書いていること、爺さんには、よくわからん。(2016/12/22) 

⇒ マーサ三宅60周年の嘘記事 2014/12/18

⇒ 


  Index       Previous Next