歌と歌手にまつわる話

(178) ラルフ・シャロン91歳で死去 I Left My Heart In San Francisco

Washington Postが2015年4月5日に

Ralph Sharon, longtime accompanist to singer Tony Bennett, dies at 91

と伝えた。


Ralph Sharon(1923.9.23-2015.3.31)
トニー・ベネットが来日した時、Ralph Sharonのピアノを初めて生で聴いて、その素晴らしい歌伴に心をとかされる思いだった。

よく、有名な歌手のコンサートやライブで、2,3曲はインストの演奏を聞かせるのが普通だ。大方のお客様は、インストなんかやらないでいいから「早く歌ってくれ」と思いながら聴いていることが多い。

ところが、ラルフ・シャロンのトリオの場合は全く逆だった。トニー・ベネットはもちろん素晴らしいのだが、ラルフのピアノはトニー・ベネットの歌に勝るとも劣らずであった。その音楽性の高さと品の良さはJazz Pianistの中でも稀有の存在だった。

ラルフ・シャロンはロンドン生まれのイギリス人で1953年にアメリカに移住した。1957年にトニー・ベネットと出会い、専属のピアニスト兼音楽監督となった。その頃のトニー・ベネットはPopular Singerだった。

ラルフはトニー・ベネットをJazz Singerにしてしまった。

2000年のサントリー・ホールでのコンサートが最後に聴いたラルフのピアノだった。その2年後、ロンドンにいる時、トニー・ベネットのコンサートがあったのでチケットを取って聴きに行った。このときにはラルフはもう一緒にツアーをしていなかった。何とも物足りない気分がしたものだった。65年から70年代に暫らく離れたことがあったが、その時期はトニー・ベネットの音楽はどん底の時代だった。79年以降はずっと一緒だった。

”I Left My Heart In San Francisco”をトニー・ベネットに歌わせたのはラルフだった。これがトニー・ベネットの初のグラミー賞となった。この歌はDouglass Cross & George Coryが1954年に書いた歌だが、1962年にサンフランシスコのFairmont Hotelのベネチアン・ルームでの出演のためにラルフが新曲を歌わせたいと探していた時に、トランクの奥から譜面を引っ張り出して、作者自身の手からラルフに渡したのだという。最初は”When I Return to San Francisco”というタイトルだったが、気に入られなく”When I Come Home”と変えた。それでもラルフは気に入らず、3度目の正直で現在のタイトルになったのだという。

作者の2人は、もともとはオペラ歌手Claramae Turner(回転木馬で有名)のために書いたのだが、お友達のMr. Bennettが歌ったのでレコーディングはせず、自分のステージのアンコールで歌ったのだそうだ。

トニー・ベネット画伯が描いたラルフの額を背に

 

”Autumn Leaves”の中で、トニーベネットの歌が一番気に入っている。それは、ラルフ・シャロン・トリオの伴奏、特に間奏が好きで自分でも真似してピアノを弾き、レコーディングをしたくらいである。このビデオはロンドンでのコンサートのものだが、日本でも同じメンバーでのコンサートを見に行ったのを思い出す。

ついに、ラルフ・シャロンも亡くなってしまった。この訃報を見て今夜はラルフのお通夜だ。(2015/4/5)

  


  Index       Previous Next