ジャズと歴史にまつわる話

A Great Day In Harlem


A Great Day In Harlem @Art Kane, 1958
(クリックで拡大)

1958年にArt Kaneがハーレムで撮影した有名なジャズミュージシャンの集合写真がある。彼はEsquire誌に雇われて初の仕事がこの写真の撮影だった。この写真が「The Esquire Magazine, January 1959」に掲載されて有名な写真となった。 お馴染みの名前も大勢いるが初めてお目にかかる人もいる。

Art Kane(1925-1995) と Esquire Magazine

2004年のスピルバーグの映画「The Terminal」では、この写真をストーリーの題材としている。たまたま、ベースの大原潤さんが貸してくれたDVDを見て驚いた。映画の中でこの写真が出てきたのだ。そこで改めてこのページを書いている。

最前列に子供たちが座っている。ミュージシャンたちの子供である。

映画の話は⇒こちらにある。

■    

集合写真には57人のミュージシャンが写っているのだが、実は58人目がいたのだ。それはWillie "The Lion" Smithなのだが、Esquireに掲載された以外に沢山の写真やシネがあるのだが、そこにはライオンの姿が見られる。

ところが件の写真撮る頃には、立ちん坊で疲れてしまい、はじめはLucky RobertsとMaxine Sullivanの間にいたのに抜け出して休憩を決め込んでしまったのだ。

集合写真の場所の左側に階段がありここで休んでいたというわけ。それにArt Kaneは気がつかなかったらしい。

カウント・ベイシーはやはり立っているのが辛くて歩道に子供たちと一緒に座っている。

この写真を巡っていろいろなミュージシャンが放送や雑誌などからインタビューを何度も受けたということだ。

「Bill Crumpって誰だ?」ということで、知っている者がいないとか、いろいろミステリーじみた話がある。撮影に間に合わなかった者もいたという。話のタネは尽きない。

さて、こうして見ると58人いることになる。↓


始めはここにいたのに
   

こんな所で休んでいる


(2012/8/21)


■ 
   

A Great Day in Harlem,1996


LIFE誌 '96年2月号(撮影:95年10月頃?) photo by Gordon Parks

Benny Golson, Art Farmer, Chubby Jackson, Johnny Griffin
Hank Jones, Eddie Locke, Horace Silver  
Marian McPartland, Milt Hinton, Gerry Mulligan
   
Taft Jordanの息子


Gordon Parks(1912-2006)

この写真を撮ったGordon ParksはLIFE誌の黒人初のStaff Photographerである。

カンザスの貧農の15人の子供達の末っ子に生まれ、15歳の時に母親が死に、姉に引き取られるが義兄にたたき出されて不遇な少年時代を送る。

2006年3月にガンで亡くなった。93歳だった。


Marian McPartland, 2011

Marian McPartlandはFacebookのメンバーで、今年の3月に自分のWallにLifeの写真を出している。Marianは今年94歳になった。J友の留里子さんが見つけてshareしてくれたので、こんな写真があることを知った。

この写真が撮影された時点での生存者は12名いる。ここに写っていないのは、Sonny Rollins(日本にツアー中)と入院中だったErnie Wilkinsである。

2012年12月現在、存命中のミュージシャンは、Benny Golson(83),Marian McPartland(94),Sonny Rollins(82),Horace Silver(84)の4名である。(2012/12/20)


Benny Golson, 2006

Sonny Rollins, 2012

Horace Silver, 2007

■    

Marian McPartlandが2013年8月20日にPort Washington, NYの自宅で眠るように亡くなった。95歳だった。(2013/8/21)

Horace Silverの訃報の誤報が2013年暮に伝えられたことがあった。しかし、2014年6月18日に85歳で亡くなった。(2014/6/20)


  Index       Previous Next