ジャズと雑学

(47) 志賀聡美の文字記号アート

才色兼備のトロンボーン奏者、志賀聡美は藝大出身で洒落たジャズ・トロンボーンを聴かせてくれます。90年代の終わり頃に知り合いの野々村さんが連れてきました。まだ、卒業前だったと思います。

プロのミュージシャンになってから、毎月欠かさずライブ案内のメールを呉れます。そのメールにいつも「文字と記号」を使って何かの絵を描いて送ってきます。昔から、「手間のかかるものを考えて作っているなぁ」と眺めていたのですが、今日届いた2015年5月のメールは、


Satomi Shiga

2015年〜翔鯉だより Trombone*志賀聡美 ライヴ配信

”むかしむかし、
黄河にある急流の滝、竜門
それ登りきった魚は
霊力が宿り龍になる…
唯一昇りきったは、鯉”

子を思う親の”想い”は
今も昔も五月の空を
悠然と泳いでおりまする♪

という文章の後に、


鯉のぼり 志賀聡美 作

何とも見事なので、思わず返信メールを出しました。

さとみさんの鯉のぼり抜群!
元気にしていますか?

鯉の滝登り、登竜門の諺は『後漢書』李膺伝に語られた故事に由来する。実に「教養あふれるライヴ案内」なのです。

そこで、古いメールをチェックしました。2011年の年賀メールにも素晴らしいのがあります。


「卯」 志賀聡美 作

2012年の4月27日、5月21日に九州から本州で見られる「金環日食」を描いたものです。


金環 志賀聡美 作

2013年11月のメールから。


冬の到来 志賀聡美 作

というわけで、志賀聡美はミュージシャンというよりCharacter Art画家、いや、文章を読むと哲学者のような気がしてきました。本当にユニークなミュージシャンです。(2015/4/24)


クリスマス 志賀聡美 作

(2016/11)


富士 志賀聡美 作

2017年のお正月のメールに描かれた「富士に梅に登り龍」・・・すばらしい!

(2017/1/6)

 


  Index       Previous Next