歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(287)  McCoy Tyner 死去81歳 

McCoy Tyner, Jazz Piano Powerhouse, Is Dead at 81


With his rich, percussive playing, he gained notice with John Coltrane’s groundbreaking quartet, then went on to influence virtually every pianist in jazz.


McCoy Tyner in 2009 at the Montreux Jazz Festival in Switzerland. Nearly every jazz pianist has had to learn his lessons, whether they ultimately discarded them or not.Credit...Dominic Favre/European Pressphoto Agency

  

1960年代半ばころ、同じ研究室の後輩に志村邦夫という賢い男がいた。囲碁は六段で、日本棋院の参与をしていた私の親父がよく相手をしていた。一局終わると開放してもらい、私の部屋に戻ってくる。

彼はLPレコードをいつも持って来ました。それが、当時、日本でも名を轟かせ始めたばかりのジョン・コルトレーンだった。コルトレーン・カルテットのピアノが、マッコイ・タイナーだったのだ。なんとも物寂しい雰囲気の演奏だった。


Elvin Jones(dr)   McCoy Tyner(pf)  John Coltrane(sax)  Jimmy Garrison(bs)

コルトレーン・カルテットは60年に結成だが、1962年にこのメンバーになり1965年まで続いた。マッコイに続いてエルヴィンが退団した。


Coltrane    Johnny Hartman    McCoy

1963年にJonny HartmanのヴォーカルをフィーチャーしたLPを吹き込んでいる。このレコードで歌った”My One And Only Love”はジョニー・ハートマンのシグネチュア・ソングとなった。

1967年にはコルトレーンが41歳で死去する。短い生涯で、後継者達は打ち悲しんがFree Jazzを残して死んでいったのです。それから57年が過ぎたのだ。

2020年3月6日逝去。死因は明らかにされてない。

(2020/3/9)


  Index       Next