歌をつくる人にまつわる話
Story of Songwriters

(91) Lionel Newman Again

  


Lionel Newman(1916-1989)

この歌は、Lionel Newman(1916/1/4 - 1989/2/3)が1948年に20世紀Fox映画「ROAD HOUSE」の主題歌として作曲した。作詞はDorcas Cochran(1903−1997)による。

10代の頃から、”Again”は「1001」の第1曲目に載っている曲で、いつも目に入ってくる譜面だった。”After You've Gone”はアルファベティックでは先に来る曲なのに、何故か”Again”がトップになっていた。

 

https://youtu.be/8EIDtKBs_-Y

美空ひばりの”Again”訳詞は、作詞家、藤浦 洸によります。藤浦さんは「二十の扉」でも有名な塾員ですが、60年以上前の早慶戦の神宮球場ネット裏では、私の親父と隣り合って座っていたそうです。判定にクレームが付き、大変な状況になりました。親父は「慶應に分がある」と思ったそうですが、藤浦さんは「早稲田に分がある」という意見で相対してしまった話があります。結果はどちらだったのでしょうか、記憶にありません。

マリリン・モンローの映画「帰らざる河」をご存知だと思います。これもニューマンの作曲です。この30年に映画館に行って見た映画の数は5指になるか・・どうかのわかGでも見に行っています。

スリーサンズの「誇り高き男」も大ヒットした曲ですが、これもニューマンの曲です。(2020/1/11)


  Index       Previous Next