歌をつくる人にまつわる話
The Story of Songwriters

(37) Kurt Weill  Mack The Knife

Kurt Weill(1900 - 1950)

クルト・ヴァイルはユダヤ系のドイツ人でDessauに生まれました。デッサウにはバウハウスと呼ばれた美術・工芸・建築の学校が1925年にこの地に置かれました。1902年にベルギーの建築家ヴァン・デ・ヴェルデがワイマール大公に招かれ設立した美術工芸学校であります。

六本木にバウハウスというロックのライブハウスがありますが、どういう関係なんでしょうか。無関係という関係です。

バウハウスはナチスが台頭する1933年には閉鎖に追い込まれます。進歩的・合理的なものの考え方やモダニズムはナチス主義とは相容れなかったためです。

20歳の時に「交響曲第1番」を書いています。初期の頃はクラシックの作品がずらりと並んでします。その後、劇場音楽に関心が向けられるようになり、1928年には劇作家のBertolt Brechtと組んでオペレッタ「三文オペラ(Die Dreigroschenoper)」を世に出しました。

「三文オペラ」には、その下敷きとなった「乞食オペラ」という1700年代に演じられていたイギリスの喜歌劇があります。三文オペラの主人公は「匕首マック」という、食っていくためには平気で罪を犯すという男です。「腹がへっていて道徳なんて…」という精神です。日本では「武士は食わねど高楊枝」と言いますが・・・

アングロサクソンと大和民族の違いがここにあります。わかるかなぁ?

当時の権力者が搾取をするという資本主義を風刺した作品となっています。舞台はロンドンのスラム街です。その主題歌となったのがあの「マック・ザ・ナイフ」というわけですが、これには”Moritat(殺人鬼)”というタイトルがつけられていました。

ヴァイルはナチスのユダヤ人迫害を逃れて、1933年にはフランスに亡命、1935年にはニューヨークに渡ることになります。34年には最後の器楽曲となった「交響曲第2番」を完成させ、ブルーノ・ワルターの指揮でニューヨークとアムステルダムで演奏されたということです。

アメリカに移住してからは、ポピュラー音楽、とりわけミュージカル作品を多数残しています。「Lady in the Dark」、「Love Life」、「One Touch of Venus」などがあります。

「三文オペラ」は英語版「The Three-Penny Opera」が1933年に上演されますが、ヒットしませんでした。しかし、1952年に脚本を新しくし、バーンスタインの指揮で上演されて好評で、54年にオフ・ブロードウェーで95回も公演されてヒットしました。翌55年から6年間2611回続いたそうです。このときには、すでにワイルは亡くなった後で、彼の未亡人のレーニャがマックの相手ジェニー役を演じました。

Louis Armstrong
Bobby Darin
Ella Fitzgerald

「マック・ザ・ナイフ」は、まず1957年にルイ・アームストロングが大ヒットを飛ばし、59年にボビー・ダリンの200万枚のヒットでグラミー、60年にはエラ・フィッツジェラルドの「エラ・イン・ベルリン」ではジャズ・ボーカルの定番となる演奏となり、これもグラミーを獲得しました。これらは、Marc Blitzsteinが56年に書いた英語の歌詞です。

マック・ザ・ナイフの最後の一節は「あのマッキーが、街に戻ってきたんだ!」

Now that Mackie's back in town.

そう、刑務所から脱獄して戻ってきたのです。

この歌の歌詞には、
「判らないところにナイフを隠し持っている」だとか
「日曜の朝に血だらけの死体が歩道に転がっている」だとか
「タグボートから投げ入れられたセメント袋は錘に使ったんだろう」だとか
「ルイ・ミラーが現金を引き出した後に姿を消した」だとか
「マッキーは金使いが荒い、早まったことをしでかしたのだろうか」だとか
尋常ではない内容の歌詞が何番も続きます。

犯罪の匂いのする歌です。

ヴァイルの死後、数年後、10年後、この歌は大ヒットしたのです。

”My Ship”も”Speak Low”もヴァイルの作曲になる歌ですが、いずれも素人が唄うには難しい歌です。昨晩のことです。リトル・マヌエラで2年半ぶりに広島から遠来の民江さんが「Lady in the dark」よろしく、艶っぽい”My Ship”を見事に唄いました。それで、Kurt Weillを思い出して1ページ書いておこうというわけです。(2008/6/22)

それから7年が過ぎました。今日は2015年8月21日です。昔懐かしいワイルドワンズの鳥塚しげきが珍しいバックでライブをやるから聞きに来てというので、赤坂B Flatに出かけました。その帰りにマヌエラに立ち寄ると広島のめぐちゃんが昨晩マヌエラに寄って、民ちゃんの新しいCDを置いて行ってくれました。

早速、Kurt Weillの”MY SHIP”をVideo仕立てにしてファイルを作りました。わかGが「艶っぽい”My Ship”」と言うのがお分りいただける思います。(2015/8/21)

 

”My Ship” by Tamie Nakamura

 

"My Ship"        

My ship has sails that are made of silk,
The decks are trimmed with gold,
And of jam and spice there's a paradise in the hold.

My ship's aglow with a million pearls
And rubies fill each bin,
The sun sits high in a sapphire sky when my ship comes in.

I can wait the years
Till it appears
One fine day one spring,
But the pearls and such
They won't mean much if there's missing just one thing.

I do not care if that day arrives
That dream need never be,
If the ship I sing doesn't also bring
My own true love to me.

If the ship I sing doesn't also bring my own true love to me.

 

  Index       Previous Next