歌をつくる人にまつわる話
The Story of Songwriters

(36) Alan Jay Lerner & Frederick Loewe Almost Like Being In Love

Alan Jay Lerner (1918-1986) and
   Frederick Loewe (1904-1988)
    

フレデリック・ロウはベルリンで生まれたオーストリア人です。両親はウィーンの出身です。父親Edmond Loeweはミュージカルの大スターでした。ミュージカルといってもブロードウェイ・ミュージカルではありません。

ミュージカルはウィーンで生まれたものなのです。ナチスが台頭して、ウィーンでは下火になり、ニューヨークがミュージカルのメッカとなったのです。アメリカで生まれたと思っている人が多いです。

1925年に父親がニューヨークに招聘され、一緒にアメリカに渡ってきました。アメリカではフレデリック・ロウと呼ばれますが、ドイツ語読みをするとフレデリック・レーヴェとなります。

アラン・ジェイ・ラーナーはニューヨーク生まれのアメリカ人です。ハーバードではJohn F. Kennedyとクラスメートだったと言います。大変な秀才らしいのですが、かなり個性が強く問題が多かったようです。リチャード・ロジャースもあまりよく言っていません。

しかし、Loeweは年上の兄さん格で、うまいコンビが組めたようです。

ロウが作曲を始めたのは1936年ころからで、ラーナーとコンビを組んでから”Brigadoon”('47)、”Camelot”('60)などのミュージカル作品があります。彼らが大成功を収めたのは、1956年の”My Fair Lady”です。世界中で知らない人はいないでしょう。

”Brigadoon”の中に”Almost Like Being In Love”という小洒落た歌があります。オージーサンズも古くから唄っているレパートリーでもあります。シナトラが作曲された年にレコーディングしています。

最近、こんなかわいらしい写真が送られてきました。

皆さん、われわれの好きな”Almost Like Being In Love”の出だしの部分は、

What a day this has been...

という歌詞なのです。一枚の子猫ちゃんの写真を見てこの歌を思い出さずにはいられません。2008/6/13


  Index       Previous Next