ジャズと歴史にまつわる話

ハモンドオルガンの発明
 English Version

Hammond Organ new B-3

1934年にLaurens Hammond(1895-1973)が発明しました。高価なパイプオルガンが購入できない黒人居住地区の教会で導入されたといいます。

いろいろな機種が作られましたが、50年代に製造されたB-3というモデルが有名で、ジミー・スミスJimmy Smith(1925-2005)などジャズミュージシャンは好んで演奏しました。70年代半ばまで製造されましたが製造中止となりました。

しかし、2002年に浜松の鈴木楽器製作所ではB-3モデルを復刻し製造を始めました。オルガニストの伊原康二は大枚をはたいてB-3のポータブルを購入しました。今は残念ながらBabytalkを畳んでしまったので、特別な時しか聞くことができません。(2006/10)

2010年4月の土・日に我が家のHouse Warming Partyをやることになりました。40年住んだマンションが建替えで、3年ぶりに戻ってきたのです。

伊原康二夫妻は土曜日に来ました。最後にピアノを弾いてくれました。OZSONSは歌わされました。

翌日は別のグループがわいわいやっているところに、伊原さんが現れました。

「出前ピアノに来ました」

(2010/4)


  Index       Previous Next