ジャズとコーラス
Story of Jazz Chorus

(82) The Four Knights Easy Street

60年以上前にヤマハで、The Four KnightsのLP「Spotlight Songs」を見つけて買って来た。初めて聴くグループだった。わかGが高校2年のときだ。

Doo Wopの心地よいコーラスだった。


The Four Knights
Gene Alford(1st), Clarence Dixon(3rd)
John Wallace(2nd/gt), Oscar Broadway(4th)
A1 Georgia On My Mind
A2 I Ain't Got Nobody (And Nobody Cares For Me)
A3 Ida! Sweet As Apple Cider
A4 Sleepy Time Gal
A5 Oh Baby Mine (I Get So Lonely)
A6 Till Then
B1 Easy Street
B2 When My Baby Smiles At Me
B3 Sentimental Journey
B4 Oh, Miss Hannah
B5 Charmaine
B6 The Glory Of Love 

こんな曲が入っていた。無駄な曲はない。すべて有名な歌だしコーラスも面白い。同級生の土井章男に教えたら、自分でも買ってきてよく”Georgia On My Mind”を歌っていた。彼も大気に入りだったのだろう。

後年、オージーサンズ用に”Georgia On My Mind”の譜面を起こした。実は面白いアレンジでイントロ部分がマイナーで始まる。その面白さが我がメンバーには伝わらず、聞き古したレイ・チャールズのスタイルでピアノのイントロにされてしまった。ちっとも面白くなくなった。一旦、聞き慣れてしまった耳には変化を求めたアレンジは受け付けてくれないらしい。 

B面のトップに”Easy Street”というAlan Rankin Jones(1904-1945)によって作詞作曲された歌がある。こんなダジャレた歌を歌う歌手は日本には居ない。

 

https://youtu.be/8_y9UVEembY

このグループのことは、何処かのページで書いている覚えがあるのだが、見つからなかった。それが、今日ページを1ページずつ繰って見つけた。”Sleey Time Gal”の紹介ページだった。ページのタイトルが「20年代は歌の宝庫 Sleepy Time Gal」だったのだ。The Four Knightsがタイトルにないので見つけにくかったのだ。そこで、タイトルにThe Four Knightsを含む本ページを書いたというわけ。

(2021/8/15・終戦記念日)


  INDEX     PREVIOUS NEXT