歌と歌手にまつわる話

(120) ダイナ・ショア Buttons and Bows

Dinah Shore(1916 - 1994)

ダイナ・ショアが戦後間もなく「ボタンとリボン(Buttons and Bows)」を歌いました。昭和23,4年頃の話です。神田須田町の交差点の近くに「畜音堂」というレコード屋がありました。当時は78回転のSP盤しかありません。

この店には新しいものより、焼け跡から掘り出してきたようなレコードが山のようにありました。私は小学校の2年生から3年生の頃です。ラジオで聞きました。

日本人には♪バッテンボー♪と聞こえてきました。

買ってきたレコードがダイナ・ショアのレコードだったのです。
 

写真は丁度その頃のダイナ・ショアです。レコードのジャケットなんてない時代でしたから、顔はわかりません。声だけしかわからないのです。

歌詞カードもありません。耳で聞こえたままに歌うのです。

East is east and west is west
And the wrong one I have chose
Let's go where I'll keep on wearin'
Those frills and flowers and buttons and bows
Rings and things and buttons and bows
・・・・・・・
イーセンシー トゥ ウェサンウェ
サノ ロンガーメェニーチョー 
レッツゴーウェー アー キーポンウェリン
ドー フィルゼン ファラゼン バツゼンボー
インゼン シンゼン バツゼンボー
・・・・・・・・

と歌っているのですが、そんなことはわかりません。私の耳には右のように聞こえました。まだ憶えています。それしか歌えません

面白いですね。ちゃんとリエゾンなんてしているではありませんか。このYou Tubeのサウンドはオリジナル・レコードのままです。

「コルゲート・ダイナショア・ゴルフ大会」という大会は1972年に始まりましたが、ダイナショアの企画によるものです。83年からメジャー大会となりました。女子プロゴルフの発展に貢献し、94年に世界ゴルフ殿堂入りをしました。

ボブ・ホープは1948年の映画「腰抜け2丁拳銃」でバンドネオンのようなアコーデオンを弾きながら”Buttons And Bows”を歌うシーンがあります。この歌を歌う人はどういうわけかゴルフ大会を主催します。「ボブ・ホープ・クラシック」というトーナメントは44年続いています。同じく殿堂入りしています。(2010/8/25)


  Index       Previous Next