歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(260)  Danny Boy の歌詞

今頃、ダニー・ボーイの話をするなんて若Gはダイジョブかと言われそう。ダイジョブだ。9月だったか秋になったので、'Tis Autumn の話を書いたことの関連で、「It is」の代わりに「'Tis」という略語を使っている歌は何があったっけ?と脳味噌が言いだしたのですよ。

思い出したのは古い古い歌、フォスターの”Old Kentucky Home” (1852年)だった。


Stephen Collins Foster(1826-1864)

歌詞を調べたら、正しかった。一番だけ書いておこう。今の人、フォスターなんて知っているのかなぁ・・・わかGが小学生のころ、おおスザンナ、スワニーリバー、オールドブラックジョーなんて英語の歌詞のまま口ずさんだものだ。思い出すと懐かしさが込み上げてくる。名曲ばかりです。

The sun shines bright in the old Kentucky home,
'Tis summer, the people are gay;
The corn-top's ripe and the meadow's in the bloom
While the birds make music all the day.

The young folks roll on the little cabin floor
All merry, all happy and bright;
By'n by hard times comes a knocking at the door
Then my old Kentucky home, Good-night!

Weep no more my lady. Oh! Weep no more today!
We will sing one song for my old Kentucky home
For the old Kentucky home, far away.

他には、誰もが聴いたハリー・ベラフォンテの”Danny Boy”には、もともとは「'Tis」が使われていたのです。しかし、ベラフォンテもクロスビーもアンディ・ウィリアムスも誰もが、オリジナルの歌詞では、「'Tis」と書かれている歌詞を「It's」と歌っているのです。

歌詞や訳詞のページがごろごろありますが、多くは「It's」で書かれています。もちろん「'Tis」もありますが。

It is = It's = 'Tis

ついこの間、ある放送局にいた有名アナウンサーが、”'Tis Autumn”を、「tis」と歌っていたので「tizと歌いなさい」と教えて上げました。そんなこんなが本ページのきっかけとなりました。

さて、ダニーボーイに戻ろう。こんなビデオがあります。

 

https://youtu.be/SfGTq71VXfo

さらに興味深いのは、プレスリーが「'Tis」と歌っているのです。前半だけですが・・・でも、プレスリーの歌唱力は凄いです。プレスリーがSam Phillipsではなく、Ralph Sharonに出会っていたら最高のジャズ歌手になっていただろうに・・・江戸サリバンが喜ぶでしょう。

 

https://youtu.be/J_CcmOcBuzI

というわけで、オリジナルの歌詞の一番だけ書いておきます。メロディはIrish民謡の"Londonderry Air"です。

   Lyrics by Frederic Weatherly(1913)

Oh Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen, and down the mountain side
The summer's gone, and all the flowers are dying
'Tis you, 'tis you must go and I must bide.

But come ye back when summer's in the meadow
Or when the valley's hushed and white with snow
'Tis I'll be here in sunshine or in shadow
Oh Danny boy, oh Danny boy, I love you so.

われわれが耳慣れた歌詞は、ベラフォンテかな?日本では、1959年にカーネギーホールのコンサートLPが発売されました。

 

https://youtu.be/9eddDlj3Jn0

Oh, Danny Boy, the pipes, the pipes are calling,
From glen to glen and down the mountain side.
The summer's gone and all the roses fallin'.
It's you, it's you must go and I must bide.

But come ye back when summer's in the meadow.
Or when the valley's hushed and white with snow.
It's I'll be here in sunshine or in shadow.
Oh, Danny Boy, oh, Danny Boy, I miss you so.

Whetherlyが”Danny Boy”を書いた1913年とは、第一次世界大戦が始まる前の年である。ヨーロッパではそういう空気が流れていたのである。最愛の息子、Dannyを戦地に送り出さなければならない親の気持ちと別れを歌ったものだ。

世界はまた大戦を引き起こすのであろうか?

(2018/10/7)


  Index       Previous Next