歌と歌手にまつわる話

(110) クリス・コナー死去 Just One of Those Things

クリス・コナーが2009年8月29日にTom's River, NJでがんで亡くなりました。81歳でした。

スタン・ケントン楽団には白人女性の専属歌手が3人いました。最初はアニタ・オデイ、次にジューン・クリスティ、そしてジューン・クリスティの推薦でクリス・コナーが専属歌手となりました。1952年のことでした。

クリス・コナーはSmokey Voice(ハスキー)で低音が美しく、スタン・ケントンはオーディションでたちまち気に入ってしまったということです。彼女のCoolな唄い方に痺れるというのが、彼女のファンの共通点です。

翌53年年にはソロ歌手へと独立しますが、54年にLP”Chris Connor Sings Lullabys of Birdland”を出して有名になりました。


Chris Connor(1927-2009)

ジョージ・シアリングの”Lullaby of Birdland”というと、サラ・ボーンの唄ったあのイントロが出てきてしまう人が多いと思います。(09/09/19)

Just One of Those Things
Chris Connor, 1995

 


  Index       Previous Next