ジャズと雑学

(84) Bösendorfer ピアノ

2022年9月7日、All of Me Clubでライブがあるからと池貝さんからの電話で、2人で聴きに行ってきた。ほんごさとことは去年のボケなす以来1年ぶりの再会だった。


竜野みち子(pf)  細川正道(bs)  ほんごさとこ(vo)  池貝政俊(dr)   

さとこちゃんは気持ちよく歌ってくれました。さとこちゃんの歌と英語の発音に、わかGの耳は喜んでいました。

もう1つ、耳が喜んだのは、9月からAoMのピアノがオーストリア製の名器、Bösendorferに替わったことです。かつてはマイクを通して音を拾っていましたが、さすがに生音で聴かせてくれました。いい響きというか、温かな音色の心地よさは他所のピアノと違います。竜野みっちゃんもいい気持だったと言っていました。ピアノをそば迄行って見てきました。88鍵でした。と言うのは、

 
Bösendorfer Piano of All of Me Club, 2022.9

同じベーゼンドルファーでも最高級のImperialという機種では、低音部に9鍵多く97鍵あります。2昔前、初台の東京オペラシティ・リサイタルホールで初めて見ました。

こんな低い鍵盤を弾くことはありません。しかし、これらの弦が、共鳴するのです。それがピアノの響きに微妙な味を出してくれるのです。面白いでしょ?

下の写真が小川理子が弾いた97鍵ベーゼンドルファー。リハーサルの時間に、私が撮った写真です。彼女の伴奏でオージーサンズは歌ってきました。

 
Bösendorfer Imperial Concert Grand


小川理子 ライブ活動10周年リサイタル, 2003
オージーサンズ(chorus)  小林真人(bs) 小川理子(pf) 曽我清隆(tp) 

⇒ 小川理子紹介ページ

世界3大ピアノ・ブランドというと、Bösendorfer、STEINWAY&SONSにドイツのC. Bechsteinがあります。

Steinway
Bösendorfer
Bechstein

(2022/9/9)


  Index       Next