ジャズとコーラス
Story of Jazz Chorus

(57)The Rhythm Boys and Bing Crosby


The Rhythm Boys
Al Rinker, Bing Crosby, Harry Barris

ビング・クロスビー=”White Christmas”の方程式を思い浮かべるだろう。

ビングも元々はソロシンガーではなく、学生時代からAl Rinkerとバンドを作り、Duoで歌っていた。RinkerはMidred Baileyの弟だが、姉を頼ってロサンゼルスに出てきた。

そこで、雇われたのがポール・ホワイトマン楽団で、Hary Barrisが加わりトリオのコーラスとなった。30年封切の映画「King Of Jazz」に出演したが、ホワイトマン楽団を首になり、Gus Arnheim楽団に鞍替えする。

そこで、ソロでレコードデビューし1931年の”I Surrender Dear”がラジオで大ヒットした。これが、ビング・クロスビーの名を知らしめることになる。

シナトラもHoboken Fourというコーラスが出発点である。メル・トーメは自分でMel-Tonesというコーラスを作っていた。さらに言えば、アンディ・ウィリアムスも兄弟4人のWilliams Brothersが最初である。多くの人はクロスビーもシナトラもメルトーメもアンディもコーラス出身と知らない人が多かろう。

 

(2017/2/16)


  INDEX     PREVIOUS NEXT