歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(198) Phil Woods 83歳で死去 Just the Way You Are


Phil Woods(1934-2015)

Jazzman Phil Woods dies at 83;
defined the sounds of bebop

By the time Phil Woods stepped into the studio with Billy Joel, the saxophonist was already considered a legend among his contemporaries, a towering figure in bebop jazz.

But the pop song “Just the Way You Are” with Woods’ piercing alto saxophone solo, made his sound instantly recognizable to the millions who listened to Top 40 music.(Los Angels Timesより)

チャーリー・パーカーの後継者と言われたフィル・ウッズが2015年9月29日に83歳で死去した。実際、チャーリー・パーカーが34歳の若さで死去した後、残された未亡人と結婚し、子供たちの継父となった。文字通りの後継者だった。

バップの奏者なのだが、彼の名前を広めたのはPopsのレコードにも名演奏を残したからであろう。上記の”Just The Way You Are”では、ビリー・ジョエルのバックと間奏を吹いている。昔、DOMINANTで佐藤さんが、♪Don't Go Chainging, to try and please me …と歌ってたのを思い出す。最近は同名異曲があるらしく、聞いたこともないBruno Marsという歌手がYou Tubeで出てくる。Billy Joelさえ古くなったらしい。爺ちゃんは驚きます。

これで、ジャズを聴かない人にもフィル・ウッズの名前を知らしめたのである。(2015/10/4)


  Index       Previous Next