ジャズとコーラス
Story of Jazz Chorus

(72)Partner Songs(パートナー・ソング)とは

同じコード進行の別々の歌を一緒に歌うというハーモニー感覚の訓練法がある。コーラス人間にとっては、「3度上でハーモニーを付けてごらん」なんて簡単な話だが、ハーモニー感覚のない普通の人間には、とんでもなく難しいことらしいです。

そこで、コーラス入門練習に、パートナー・ソングを歌わせる訓練法がある。例えば、「どんぐりころころ」と「夕焼け小焼け」を同時に歌わせるのです。「ロンドン・ブリッジ」と「きらきら星」とか、「かたつむり」と「証城寺の狸囃子」とかいろいろな組み合わせがあります。

そういう教育が、今どきの小学校や中学校で行われています。つまり、合唱のパート練習が素人には難しいらしいのです。つまり、パート練習なしにハーモニー感覚の訓練が出来るというものです。既に知っている歌2曲を歌えばいいので、先生はコーラスのパートを編曲したり、教える手間も省けます。文科省が考えたのでしょうか?とんでもない!
 

こんなテキストを売っています。amazonで買ってみました。題材は童謡・唱歌でした。譜面が載っていますが、コードが付記されていません。

「異なった二つの曲を同時に歌うと、不思議にハモってしまう。このような曲をパートナー・ソングと呼んでいます」

と書いてあります。「コード進行」という概念は述べられていません。ジャズとは無縁の音楽家だということが分かってしまいます。

昔々は、斉唱⇒輪唱⇒合唱と段階を追ってハーモニー感覚の教育をしたものでした。

  ◆ 

一昨日の土曜日は、マヌエラで久米さんのDuo、Pinotの月例ライブがありました。仕切り屋はきよGです。賑やかライブの様子が写真とビデオで送られてきました。久米さんのメールに、

「セッションタイムに清田さんと美魔女シンガーとの共演(饗宴)となりました」

とあります。


Vocal Duo PINOT
 


I'm Gonna Sitt Right Dawn & Wright Myself A Letter

 I Can't Give You Anything But Love
It's A Ssin To Tell A Lie 
Pennies From Heaven

この組み合わせが、ジャズ・スタンダードにおけるパートナー・ソングの代表的なものです。清Gは昔から、これがやりたくて、誰かがこの歌を歌い出すと、1st.コーラスを歌い終わるころにしゃしゃり出て行って、2nd.コーラスにもう一方のパートナー・ソングで自分が歌い、最後に二人で同時に歌いコーラスにもって行きます。

2年前、石川県小松の医師、瀬川先生から『「嘘罪」と「手紙を書こう」とか”Pennies from”と”I can't give you”以外にパートナー・ソングがあったら教えてくれ』とのメールが来ました。

昔から、Dolly Baker沢田靖司の名コンビが歌って聴かせてくれたものがあります。それは、

Bill Bailey Won't You Come Home(女声)+Around The World(男声)

 

https://youtu.be/k4HU5DBsqms

I'll Be Seeing You(女声)+I Left My Heart In San Francisco(男声)

 

https://youtu.be/te-byQol-Ac

があることを教えてあげた。夫婦で歌いたいのだった。 

このビデオを聴いて、パートナー・ソングはコーラス教育のためのハーモニー感覚訓練だと思いましたか?ジャズでは、童謡や唱歌の場合とは全く違い、洒落た味を醸し出す高等歌唱法なんだと言いたいのです。ジャズ特有の掛け合いパフォーマンスなのです。

ドリーは2014年に92歳で、沢チンは2017年に77歳で亡くなり、ライブで聴くことは出来ません。この2人のパートナー・ソングはJazz Fakeの極致を行くものだったのです。

OZSONSが元気に歌っている頃、スリー・グレイセスまたは鈴木史子、さらに中尾ミエとも掛け合った”Until I Met You”+”Satin Doll”、もう一つ、Goodiesとの”How High The Moon”+”Ornithology”というレパートリーがありました。今、考えると、オジサンたち進んだことをやっていたものだ。OZSONSも創設者のまこGが天国に逝き幕を閉じて、早や丸3年が過ぎました。何とも寂しい話です。

1960年、ダニー・ケイの映画「5つの銅貨」を思い出してください。あの映画の中で”Lullaby In Ragtime”+”Good Night”+”Five Pennies”の3曲を同時に歌ったシーンがありました。ダニー・ケイの奥さんSylvia Fineの作詞作曲によるパートナー・ソングだったのだ。

(2020/8/10)


  INDEX     PREVIOUS NEXT