歌と歌手にまつわる話

(78)  Old Man Time 誕生の真相 (ミルト・ヒントン80歳記念の歌)
in English


Milt Hinton(1910-2000)

"Old Man Time"という歌をご存知ですか。

Dolly Bakerが1990年代に好んで唄った歌ですが、「80歳のベースマンのために書かれた歌」という話をしながら唄っていました。ちょっと聴くと、誰もが"Mack The Knife"を思い浮かべると思います。

さて、爵士樂堂がこの歌をはじめて聴いてから10年以上たった今、このベースマンとは、Milt Hintonであることがわかりました。じつはMilt Hinton自身が80歳の記念にレコーディングした"Old Man Time"というアルバムを見つけました。ドリーはこのCDを聴いていたのかも知れません。

その後、爵士樂堂はこの歌を94年に唄いだし、日本のジャズ歌手の誰もが唄わない、ほとんど知られていない歌を自分の十八番としてしまいました。この歌はミルト・ヒントンのシグネチュア・ソングということになっていて、ライブの度に歌っていたということです。
 

この歌を書いたのは、Cliff FriendとJack Reynoldsです。古いソングライターで、ほとんど知らない曲ばかり書いています。ジャンルもいろいろのようです。この歌の主人公、ミルト・ヒントンの写真は1990年80歳のもので、丁度、この歌を唄った時期です。

要するに、爺のために爺が書いた歌です。(2004.10)

    

さて、このページを書いてから3年が経ちました。珍しいビデオを見つけました。

Milt Hintonが1995年85歳のときに唄った

”Old Man Time”

です。「右クリックして保存」して開いてください。ベースの弾き語りです。以前はYou Tubeに出ていましたが、あるとき外されてしまいました。どこかからクレームが付いたものと思われます。私は早々と動画を保存しておいたのです。

    

真相はこうだった!

2013年になりました。また新しいことが判明しました。どうやらこの歌は1961年に書かれていたと思われます。最初に歌ったのはMilt Hintonではなく、Jimmy Duranteで1966年発売のOne of Those SongsというLPのB面のトップで歌っていました。Single盤では1964年のものがあります。歌いだしたのはそれ以前なのでしょう。

ドリーが「80歳のベースマンのために書かれた歌」と誰かに間違った話を聞かされたのではないかと思われます。

もう1つマイアミ・ニュースという新聞の1981年11月の記事です。ここには「10年前にこの歌が書かれた」という内容です。10年ずれています。


Jack Reynoldsの新聞記事,The Miami Newa 1981.11/11

Jimmy DuranteからRay Charlesまでが歌っているとある。明らかにこの新聞記事の「10年前」は「20年前」の間違いである。レイ・チャールスが歌ったSingle盤が1963年に出ています。10年前にはどこにも無かった情報が次々とネット上に出てくる。

わたしは90年前後に歌われだした新しい歌だと思っていたら、60年代から歌われていた歌だった。それにしては日本の歌手が歌ったのを聞いたことが無い。ヒットしなかったのか、聴いても歌おうとしなかったのか。私もDollyの歌を聴かなかったら今頃この歌を歌っていないだろう。Dollyの歌はピカイチだ。

こんなわけでミルト・ヒントン80歳記念のために書かれたのではなく、自身の80歳の記念にレコーディングしたということであった。ドリーもこんな話を知ったら驚くだろう。(2013/4/18)


  Index       Previous Next