ジャズと雑学

(20) 真夏の夜のジャズと煙草 Newport Jazz Festival  (in English)


Newport, Rhode Island, U.S.A.
19世紀後半から20世紀初頭にかけて、アメリカが新興国家から世界の大国へと歩みを進めたころ、桁外れの大富豪が生れ、彼らは鉄鋼王、鉄道王、炭鉱王などと呼ばれました。

大富豪たちは避暑のための別荘地に、ニューヨークから車で3時間ほどの東海岸の瀟洒な町 Newport を選んだのです。Newport はアメリカで最も由緒ある避暑地となったのです。

ヨーロッパの皇族や貴族たちも、この地に招待されてパーティが開かれたと言うことです。驚くじゃあありませんか。記録によると、一晩の出費が当時の金で20万ドルという400人のパーティがあったというのです。今の金額にしたら「うん億円」という感じでしょう。

このホームページをご覧になる皆さんは「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」を思い出されることでしょう。あるいは、アメリカのゴルフトーナメントもここから生れたものですし、ヨットの「アメリカズカップ」もここで生れたものです。野球のスタジアムもここに出来たのが最初です。とにかく、アメリカ初という形容詞がつくものが多いのです。

ジャズ・フェスティバルは、"Newport Jazz Festival"がここNewportで1954年に始まり有名になりました。さらに1959年には’58年のNewport Jazz Festivalの模様を映画にした「真夏の夜のジャズ Jazz on A Summer's Day」が公開されました(日本では’60年)。今は亡きサッチモをはじめ偉大なジャズメンが登場し、40年経った今も多くの人々に感銘を与える映画です。


Documentary Movie
(1959)

ジャズ・フェスティバルはコンサートとは違い、より多くの人達が楽しめるように屋外で開かれるものです。私が「ジャズの歴史博士」と呼ぶ鈴木英夫さんの資料によると「ジャズ・フェスティバルとは場所を決めて、定期的にかつ継続して開かれるものをいう。1946年にジャズフェスの原型がオーストラリアのメルボルンで現れ、1948年にはフランスのニースでサッチモらを招いて開かれたものが皮切りである」ということです。

このイベントは、ジャズをタバコの煙がもうもうとする薄暗い酒場から健康的な戸外へ、そして何千人、何万人もの観客の前へと連れ出してしまったのです。そして、ジャズフェスは真夏にやるというイメージが定着してしまいました。

そもそもNewport Jazz FestivalはLouis Lorillard夫妻が、ニューヨークで「ストーリーヴィル(Storyville)」というジャズハウスを経営しているGeorge Weinに話を持ちかけ実現したものです。Lorillard家は煙草産業で財を成し、"Millionaire"という語が初めて使われた大富豪です。KENTを吸っている方はLorillard Tabacco Companyにお金を払っているのです。LorillardにはNewportというタバコもあります。これを吸っているとジャズ通になります。試してみますか?

古い話ですが、KENTのフィルターにはアスベストが入っていることがわかり、問題になったことがあります。ご存知でしたか?味が悪かったのはこのせいだったのしょうかねぇ。

いやぁ、ジャズは生れも育ちも卑しい音楽ですが、Newportと結びつけると何となくハイ・ソサイエティになったような気分が漂ってきませんか。

⇒ 3大ジャズフェスティバル


  Index       Previous Next