歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(203) Milt Jackson と MJQ


Milt Jackson (1923-1999)

今夜、マヌエラ35の実行委員会の慰労会を赤坂の温野菜で開催した。白石、小島、清田、中田、新井、岡崎、わかG、ことりの8人が集まって、美味しいものを食べてきました。

岡崎さんが「ミルト・ジャクソンは生きてますかねェ」と言う。

私「90年代後半に死んでいるはず」

という話でMJQの話になった。

ミルト・ジャクソン(vib)はディジー・ガレスピーのオーケストラの出身だが、1951年にMilt Jackson Quartet(MJQ)をジョン・ルイス(pf)、パーシー・ヒース(bs)、ケニー・クラーク(dr)と結成した。略称はMJQである。
 

管楽器の入らないジャズ・カルテットは当時から”COOL”だと言われたものだ。


John Lewis  Percy Heath  Kenny Clarke  Milt Jackson

翌年からJohn Lewisがバンドリーダーとなり、名称もModern Jazz Quartet(MJQ)に変わった。しかし、略称のMJQはそのまま変わらないが、後にMJQを知った大方の人たちはModern Jazz Quartetの名前しか知らないかもしれない。

MJQは1961年に来日し、同じ年にジャズ・メッセンジャースも来日したので、日本にジャズ旋風が起きました。対称的なバンドですが、誰が来ても珍しい頃です。私が大学2年の頃です。毎年々々、いろいろなグループが来日した時代です。

John Lewisの奥さんはクラシックのピアニストで、John Lewisはクラシック的な要素を取り入れて、よりモダンなサウンドを追及していった。バッハのクラビーア曲集まで材料にしてしまった。Milt Jacksonとはそれが決別の動機ともなって1974年に解散したが、1981年に再結成されミルト・ジャクソンの死去するまで続きました。

さて、ここでクイズです。

もうひとつのMJQをご存知ですか?

はい、それはDavid Matthews(pf)のマンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)です。こちらは管が2本入っています。


David Matthews(1942- )

マシューズは親日家で来日100回を数えるそうです。16年前に赤坂のマヌエラに遊びに来ました。その時、私が客の代表でデヴィッドのピアノで歌いました。そのときの ⇒ 関連記事

(2016/6/11)


  Index       Previous Next