歌をつくる人にまつわる話
The Story of Songwriters

(25) Matt Dennis Everything Happens To Me



Matt Dennis(1914-2002 )

マット・デニスが2002年6月21日にカリフォルニアのRiversideで88歳で亡くなりました。トミー・ドーシーと一緒に活動した、シンガー・ソングライターで、"Angel Eyes", "The Night We Call It A Day"など数々のスタンダードの名曲を残してくれました。

1914年2月11日、シアトルで生まれました。1933年にピアノ・ボーカルの弾き語りとしてHorace Heidt Orchestraでプロ活動に入りました。数年後、Stafford Sistersという出来たてのグループのアレンジや伴奏を始めました。

たまたま、その中の一人Jo Staffordがトミー・ドーシー楽団に入ることになり、1940年にマット・デニスもドーシー楽団にコンポーザー兼アレンジャ−として雇われます。

最初の1年の間に14曲の歌を書きレコーディングしました。その中に"Everything Happens To Me"がありますが、フランク・シナトラの初期の頃のヒット曲となりました。ベテラン歌手がよく唄う"Violets For Your Fur"も彼の粋な歌です。

第2次世界大戦中は空軍に籍を置き、グレン・ミラーの率いるArmy Air Force Bandで演奏していました。

 


  Index       Previous Next