ジャズとコーラス

(37) Mary Kaye Trio Stay


Mary Kaye Trio at Las Vegas

Mary Kaye Trioってご存知でしたか?このようなトリオがあることを今まで知りませんでした。

真ん中のMary Kayeは2007年に83歳で死んでいました。左はFrank Ross、彼は1995年に一番先に死にました。最後まで生きていたのは兄のNorman Kayeで2008年に88歳で死去しました。

1946年にLas Vegasで結成されたということです。

Las Vegasでは当初はカジノがメインでしたが、彼らがラウンジ・ショーを始めました。Pioneer of Vegas Nightlifeといわれています。70年頃にラスベガスに行ったのですが、日本では彼らのことは知られていませんから探してもいません。ポール・アンカや5th Dimensionなんかをショーのはしごをして見てきたもんです。

Maryはギャンブルフロアーは24時間営業にも関わらず、遅い時間になると人が消えてしまうのを見て、マネージャーに隅っこに舞台を作らせ、そこで、このトリオが丑三つ時(Wee small hours)に歌いだしたのです。それでまた人が戻ってきて朝まで賑わったというのです。このようにして唯のギャンブルタウンが24時間のパーティタウンに姿を変えたといいます。

そんなことちっとも知りませんでした。ラスベガスは始めっから、ギャンブルとショーがあるもんだとばかり思っていましたが、Mary Kayeがいて60年代以降のべガスがあるというわけです。べガスで4億6000万円を一夜で負けたハマコーとかいう議員がいましたっけ。

Kaye兄妹はハワイのQueen Liliuokalaniの子孫ということです。ギタリストとしてFenderのエレキのプロモーションを1956年からやってきました。これがFender Stratocasterというモデルです。Maryは "First Lady of Rock and Roll" と呼ばれたそうです。

珍しいビデオクリップがありました。1959年10月に77 Sunset Stripに登場しているのです。こんな頃、毎週テレビでクーキーが出てくるのを見ていた人は70歳以上でしょうか。

 

77 Sunset StripのMary Kaye Trio

    

Vikki Carrが”Poor Butterfly”と”Stay”をメドレーで歌いました。20年ほど前からの私のレパートリーです。”Stay"は蝶々夫人の「ある晴れた日に」を下敷きにした1964年のPop Songですが、その作曲がNorman Kayeだったのです。

”Stay”の作者調べをしていて、このトリオの存在を知ったというわけです。今どき、”Stay”なんていう歌のタイトルで検索しても何も出てきません。出てくるのは新しい同名の歌のことばかりです。昔のことを調べようと検索してもなかなか行き着かないのです。結局、Vikki CarrのCDのLiner Notesから調べがついたのです。(2011/2/15)

これがご本家の”Stay”という歌です

 

Normanは2008年に脳卒中で倒れました。リハビリ中のNormanを助けようと、ラスベガスの人たちが資金集めのコンサートを開き大成功を収めたという記事が出ていました。2008年4月20日(日)正午ラスベガスThe Orleans Showroomで開かれました。

    


  INDEX     PREVIOUS NEXT