ジャズと歴史にまつわる話

Hit Chart #1 Songs 1960s

Billboard誌でHit Chart #1となった曲のリストを10数年前に見つけて、ファイルにして取ってあったものが出てきた。1930年代から1990年頃まである。年代別にまとめて出来次第お目にかけましょう。

面白いのは、名曲なるものが生まれた年に必ずしもヒットするわけではないことが分かることである。古い歌のリバイバルもあったりする。本ページは60年代。

50年代のポップスは60年代にも続く。見逃せないのはボサノバの台頭である。1位にこそなっていないが、次々とジョビンによってヒット曲が生み出された。

Hit #1のリストを見るとアメリカ人の耳がだんだん幼くなっている傾向が見られる。全てとはいわないが、10代の子供たちのリクエストが増えて、そういう結果になったということだろう。

われわれはすでに大学生になっている。もっと生意気な大人の歌を「1001」「Jazz 8」などから選び出してコーラスアレンジをして楽しんでいた。でも、時々は息抜きにこのチャートに出てくるような歌も取り上げたこともあった。60年代から70年代にかけてフォークソングも流行った。キングストン3、ブラ4、PPMやサイモン・ガーファンクルもいい歌を歌っていた。

1960
1. Alley-Oop - The Hollywood Argyles
2. Are You Lonesome Tonight? - Elvis Presley
3. Cathy's Clown - The Everly Brothers
4. El Paso - Marty Robbins
5. Everybody's Somebody's Fool - Connie Francis
6. Georgia on My Mind - Ray Charles
7. I'm Sorry - Brenda Lee
8. It's Now or Never - Elvis Presley
9. Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini - Brian Hyland
10. I Want to Be Wanted - Brenda Lee
11. Mr. Custer - Larry Verne
12. My Heart Has a Mind of Its Own - Connie Francis
13. Running Bear - Johnny Preston
14. Save the Last Dance for Me - The Drifters
15. Stay - Maurice Williams & The Zodiacs
16. Stuck on You - Elvis Presley
17. Teen Angel - Mark Dinning
18. The Theme from "A Summer Place" - Percy Faith & His Orchestra (instrumental)
19. The Twist - Chubby Checker

この年に出来た曲には”Lot of Livin' To Do”,”Nice 'N' Easy”,”Take Five”,”A Taste of Honey”などがあるが、1位にはならない。

1961
1. Big Bad John - Jimmy Dean
2. Blue Moon - The Marcels
3. Calcutta - Lawrence Welk & His Orchestra (instrumental)
4. Hit the Road Jack - Ray Charles
5. The Lion Sleeps Tonight - The Tokens
6. Michael (Row the Boat Ashore) - The Highwaymen
7. Moody River - Pat Boone
8. Mother-in-Law - Ernie K-Doe
9. Please Mr. Postman - The Marvelettes
10. Pony Time - Chubby Checker
11. Runaround Sue - Dion
12. Runaway - Del Shannon
13. Running Scared - Roy Orbison
14. Surrender - Elvis Presley
15. Take Good Care of My Baby - Bobby Vee
16. Tossin' and Turnin' - Bobby Lewis
17. Travelin' Man - Ricky Nelson
18. Will You Love Me Tomorrow? - The Shirelles
19. Wonderland by Night - Bert Kaempfert & His Orchestra
20. Wooden Heart - Joe Dowell

61年の曲である。”Can't Help Falling In Love”,”Impressions”,”It Was A Very Good Year”,”Left Alone”,”Moon River”,”One Note Samba”,”What Kind of Fool Am I”アントニオ・カルロス・ジョビンがどんどん書き、ジョアン・ジルベルトがどんどん歌った。

あの”Moon River”が#1にならなかったのだから面白い。ヘップバーンの映画は見なかったのかねぇ?でも、ちゃんとオスカーをとっている。後にアンディ・ウィリアムスが毎週自分のショーでテーマソングとして歌った。

1962
1. Big Girls Don't Cry - The 4 Seasons
2. Breaking Up Is Hard to Do - Neil Sedaka
3. Don't Break the Heart That Loves You - Connie Francis
4. Duke of Earl - Gene Chandler
5. Good Luck Charm - Elvis Presley
6. He's a Rebel - The Crystals
7. Hey! Baby - Bruce Channel
8. I Can't Stop Loving You - Ray Charles
9. Johnny Angel - Shelly Fabares
10. The Loco-Motion - Little Eva
11. Mashed Potato Time - Dee Dee Sharp
12. Monster Mash - Bobby "Boris" Pickett & The Crypt-Kickers
13. Peppermint Twist (Part 1) - Joey Dee & The Starlighters
14. Roses Are Red (My Love) - Bobby Vinton
15. Sheila - Tommy Roe
16. Sherry - The 4 Seasons
17. Soldier Boy - The Shirelles
18. Stranger on the Shore - Mr. Acker Bilk (instrumental)
19. The Stripper - David Rose & His Orchestra (instrumental)
20. Telstar - The Tornadoes (instrumental)
21. The Twist - Chubby Checker

62年は”Call Me Irresponsible”,”The Days of Wine and Roses”,”The Good Life”,”Meditation”,”More”,”Once Upon A Time”,”Once Upon A Summertime”,”Quiet Nights ”,”A Rainy Night In Gerogia”,”Ramblin' Rose”,”Those Lazy Hazy Crazy Days Of Summer”,”What Now My Love”などが書かれています。

「酒バラ」もトップになっていないのですね。これもH.マンシーニ・J.マーサーのコンビによる2年続けてのオスカー曲でした。

1963
1. Blue Velvet - Bobby Vinton
2. Deep Purple - Nino Tempo & April Stevens
3. Dominique - The Singing Nun
4. Easier Said Than Done - The Essex
5. Fingertips - Pt. 2 - Stevie Wonder
6. Go Away Little Girl - Steve Lawrence
7. He's So Fine - The Chiffons
8. Hey Paula - Paul & Paula
9. If You Wanna Be Happy - Jimmy Soul
10. I'm Leaving It Up to You - Dale & Grace
11. It's My Party - Lesley Gore
12. I Will Follow Him - Little Peggy March
13. My Boyfriend's Back - The Angels
14. Our Day Will Come - Ruby & The Romantics
15. So Much in Love - The Tymes
16. Sugar Shack - Jimmy Gilmer & The Fireballs
17. Sukiyaki - Kyu Sakamoto
18. Surf City - Jan & Dean
19. Walk Like a Man - The 4 Seasons
20. Walk Right In - The Rooftop Singers

63年には”Close To You”,”The Constant Rain”,”From Russia With Love”,”The Girl From Ipanema”,”Gravy Waltz”,”Hello Dolly!”,”How Insensitive”,”If I Ruled The World”,”The Look Of Love”,”People”,”The Shadow of Your Smile”,”St. Thomas”,”Watermelon Man”などがあります。

坂本九のスキヤキが#1になっています。

1964
1. Baby Love - The Supremes
2. Can't Buy Me Love - The Beatles
3. Chapel of Love - The Dixie Cups
4. Come See About Me - The Supremes
5. Do Wah Diddy Diddy - Manfred Mann
6. Everybody Loves Somebody - Dean Martin
7. A Hard Day's Night - The Beatles
8. Hello, Dolly! - Louis Armstrong & The All Stars
9. The House of the Rising Sun - The Animals
10. I Feel Fine - The Beatles
11. I Get Around - The Beach Boys
12. I Want to Hold Your Hand - The Beatles
13. Leader of the Pack - The Shangri-Las
14. Love Me Do - The Beatles
15. Mr. Lonely - Bobby Vinton
16. My Guy - Mary Wells
17. Oh, Pretty Woman - Roy Orbison & The Candymen
18. Rag Doll - The 4 Seasons
19. Ringo - Lorne Greene
20. She Loves You - The Beatles
21. There! I've Said It Again - Bobby Vinton
22. Where Did Our Love Go - The Supremes
23. A World without Love - Peter & Gordon

”Blue Christmas”,”Don't Let Me Be Misunderstood”,”For Me”,”Goldfinger”,”Heart and Soul”,”L-O-V-E”,”My Kind Of Town”,”Song for My Father”,”That's Life”,”Watch What Happens”,”Who Can I Turn To?”

1965
1. Back in My Arms Again - The Supremes
2. Downtown - Petula Clark
3. Eight Days a Week - The Beatles
4. Eve of Destruction - Barry McGuire
5. Game of Love - The Mindbenders featuring Wayne Fontana
6. Get Off of My Cloud - The Rolling Stones
7. Hang on Sloopy - The McCoys
8. Help! - The Beatles
9. Help Me, Rhonda - The Beach Boys
10. (I Can't Get No) Satisfaction - The Rolling Stones
11. I Can't Help Myself - The Four Tops
12. I Got You Babe - Sonny & Cher
13. I Hear a Symphony - The Supremes
14. I'm Henry VIII I Am - Herman's Hermits
15. I'm Telling You Now - Freddie & The Dreamers
16. Mrs. Brown You've Got a Lovely Daughter - Herman's Hermits
17. Mr. Tambourine Man - The Byrds
18. My Girl - The Temptations
19. Over and Over - The Dave Clark Five
20. Stop! in the Name of Love - The Supremes
21. This Diamond Ring - Gary Lewis & The Playboys
22. Ticket to Ride - The Beatles
23. Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is a Season) - The Byrds
24. Yesterday - The Beatles
25. You've Lost That Lovin' Feelin' - The Righteous Brothers

”Alfie”,”Dindi”,”Emily”,”The Gentle Rain”,”The Gift!”,”Girl Talk”,”Graduation Day”,”I Will Wait For You”,”The Impossible Dream”,”On A Clear Day”,”Summer Wind”,”Sunny”,”Take The Moment”

1966
1. Ballad of the Green Berets - Staff Sgt. Barry Sadler
2. Cherish - The Association
3. Good Lovin' - The Young Rascals
4. Good Vibrations - The Beach Boys
5. Hanky Panky - Tommy James & The Shondells
6. I'm a Believer - The Monkees
7. The Impossible Dream (The Quest) - Jack Jones
8. Last Train to Clarksville - The Monkees
9. Lightnin' Strikes - Lou Christie
10. Monday, Monday - The Mamas & The Papas
11. My Love - Petula Clark
12. 96 Tears - ? & The Mysterians
13. Paint It, Black - The Rolling Stones
14. Paperback Writer - The Beatles
15. Poor Side of Town - Johnny Rivers
16. Reach Out I'll Be There - The Four Tops
17. The Sounds of Silence - Simon & Garfunkel
18. Strangers in the Night - Frank Sinatra
19. Summer in the City - The Lovin' Spoonful
20. Sunshine Superman - Donovan
21. These Boots Are Made for Walkin' - Nancy Sinatra
22. We Can Work It Out - The Beatles
23. When a Man Loves a Woman - Percy Sledge
24. Wild Thing - The Troggs
25. Winchester Cathedral - The New Vaudeville Band
26. You Can't Hurry Love - The Supremes
27. You Keep Me Hangin' On - The Supremes
28. (You're My) Soul and Inspiration - Righteous Brothers

”Born Free”,”Cabaret”,”Mame”,”Mercy, Mercy, Mercy”,”Strangers in The Night”,”A Time For Love”,

1967
1. All You Need Is Love - The Beatles
2. Daydream Believer - The Monkees
3. Groovin' - The Young Rascals
4. The Happening - The Supremes
5. Happy Together - The Turtles
6. Hello Goodbye - The Beatles
7. Incense and Peppermints - Strawberry Alarm Clock
8. Kind of a Drag - The Buckinghams
9. The Letter - The Box Tops
10. Light My Fire - The Doors
11. Love Is Here and Now You're Gone - The Supremes
12. Ode to Billie Joe - Bobbie Gentry
13. Penny Lane - The Beatles
14. Respect - Aretha Franklin
15. Ruby Tuesday - The Rolling Stones
16. Somethin' Stupid - Nancy & Frank Sinatra
17. To Sir with Love - Lulu
18. Windy - The Association

”By The Time I Get To Phoenix”,”My Way”,”Something Stupid”,”Up, Up And Away”,”Wave”,”What A Wonderful World”,”Yesterday I Heard The Rain”

What A Wonderful World”はサッチモが歌った素晴らしい歌だが、元をただせばベトナム反戦歌。平和を願って書かれた歌だ。アメリカは5人の大統領の時代にまたがってベトナム戦争を続けた。愚かとしかいいようがない。最後にゲリラ戦に負けるわけだが、この歌はイギリスに渡って#1になった。イギリス人は冷静だったのだろう。

1968
1. Grazing in the Grass - Hugh Masekela
2. Green Tambourine - The Lemon Pipers
3. Harper Valley P. T. A. - Jeannie C. Riley
4. Hello, I Love You - The Doors
5. Hey Jude - The Beatles
6. Honey - Bobby Goldsboro
7. I Heard It Through the Grapevine - Marvin Gaye
8. Judy in Disguise (with Glasses) - John Fred & His Playboy Band
9. Love Child - Diana Ross & The Supremes
10. Love Is Blue (L'Amour Est Bleu) - Paul Mauriat & His Orchestra
11. Mrs. Robinson - Simon & Garfunkel
12. People Got to Be Free - The Rascals
13. (Sittin' on) the Dock of the Bay - Otis Redding
14. This Guy's in Love with You - Herb Alpert
15. Tighten Up - Archie Bell & The Drells

”It's Impossible”,”McArthur Park”,”So Many Stars”,”This Is My Life”

1969
1. Aquarius / Let the Sunshine In - The 5th Dimension
2. Come Together - The Beatles
3. Crimson and Clover - Tommy James & The Shondells
4. Daddy Sang Bass - Johnny Cash
5. Dizzy - Tommy Roe
6. Everyday People - Sly & The Family Stone
7. Get Back - The Beatles
8. Honky Tonk Women - The Rolling Stones
9. I Can't Get Next to You - The Temptations
10. In the Year 2525 - Zager & Evans
11. Leaving on a Jet Plane - Peter, Paul & Mary
12. Love Theme from "Romeo & Juliet" - Henry Mancini & His Orchestra (instrumental)
13. Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye - Steam
14. Someday We'll Be Together - Diana Ross & The Supremes
15. Sugar, Sugar - The Archies
16. Suspicious Minds - Elvis Presley
17. Wedding Bell Blues - The 5th Dimension

”A Child Is Born”,”Mr. Bojangles”,”What Are You Doing The Rest of Your Life?”

ああ、これで60年代も終わった。この10年知らない歌ばかりが目白押しとなった。このサイトで話題にしている歌は無いと言ってよい。

もう70年代は続けて書くのを止めます。悪しからず。

しかし、その後の各年代にも、ごく稀にわれわれ爺様が好む奥深い歌が書かれています。もちろんヒットなんかしませんが、グラミー賞を取ったりしています。

■    

この60年代にアメリカで育ったSanaeさんは、このページを見て思出だすことが沢山あるようです。長文のメールを書いてきました。私も爺さんになってワープロの漢字変換ミスがチェックできぬままになっていたり、英語の綴りを間違えていたりすると、すぐ「ご注進!」とメールが飛んできます。

もう一人、あっこさんもよく校正をしてくれてくれていたのですが、最近はわかGよりもお袋さんのお世話で、そんな時間が無いようです。世話を焼いてくれる2人は同級生です。面白いですねー。

1961〜1965までかの国で暮らしておりましたし、12歳〜16歳、ヒットチャート様様のお年頃でした。
なのでなつかしくて、ジャズのお話の、'60sのヒットチャートをを見ておりましたら、
「Hit #1のリストを見るとアメリカ人の耳がだんだん押さなくなっている傾向が見られる。」
と書いてありましたが、「押さなく」は「幼く」の変換ミスですよね?

また、Moon River が #1になっていない、と書いていらっしゃいますが、あの曲は、映画の挿入歌としてだけではなく、色んな人がカヴァーしていましたので、アーティスト別のチャートだと、#1にはならないのかもしれません。合計すると結構売れていたと思いますよ、みんな知っていましたし、結構口ずさんだりしていましたから。ただ、Audrey Hepburn は、日本でのような感じの圧倒的な人気はなかったです。映画も、ヘップバーンの、と言うよりも、当時色々とあったラブコメの結構できの良いもの、って感じで受け止められていたような気がします、挿入歌だけが一人歩きしていたような・・・女優としては、清楚な感じのヘップバーンよりも、当時、多少落ち目ではありましたが、リズ・テイラーのような、グラマー系の方が人気がありましたね。

リストを見ていると、いわゆるポップス系のチャートですね。今の日本で言えば、JPOPSと言うジャンルと同じ、と考えて頂くとわかりやすいと思います。殆ど全て覚えがありますし、当時、同級生たちの間で流行った曲ばかりですから。つまり、ティーンスの間で流行った曲のチャートです。「歌う」というよりも、「踊る」ための曲でした、殆どが。ツイストとか、ジルバ崩れとか、ステップは適当で、リズムに合わせて踊って様になると言うよりも様にする、いわゆるゴーゴーダンス、そんな曲が殆どでしょう、よくよく見て頂くと。
当然、大人たちにはあまり良い顔をされていませんでした。いつの時代も、ここら辺は同じです。(^^)
大人たちの間では、それこそ、映画の挿入歌とか、当時のブロードウェイのヒットミュージカルなどの曲が人気があった記憶があります。
私達中高生は、お小遣いでドーナツ盤、大人たちはアルバム、を購入していましたので、そこらへんも、ヒットチャートに影響を与えていると思います。
幼い耳に思えるわけです、実際、「幼い」連中が購入して#1に押し上げているのですから(^^)
「大人」の耳については、カントリーのチャートとか、映画音楽のチャートと比較してみると、より実情に近い、全体の傾向が見えるかと思います。
米国では、やはり、Country & Westernのジャンルは外せませんし、向こうにいた時は、C&Wに分類されていた曲が、日本でスはタンダードとして扱われているのを意外に思った事が何度もありましたし。

あ、あ、もう寝る時間だ、お休みなさい!!

  Index       Previous Next