ジャズと雑学

(45) Jazz Harmonica

これはスペインの作曲家Fallaのバレエ組曲「恋の魔術師」の中の「火祭りの踊り」である。いきなりこんな曲が出てきて「わかGは気が狂ったのでは」と思う人がいるかも知れない。そうじゃない、大丈夫だ。


Claude Garden(1937-2004)

マヌエラにジャズ・ハーモニカのクロード・ガーデンを呼んできたことをポッカリと思い出した。早速、マヌエラのサイトをひっくり返して見たら2003年12月8日と書いてある。10年も前のことだったのだ。

ブルース・ハーモニカはカントリーの人たちがギターを弾きながら吹き語りをよくやっていたもので、ジャズの演奏にはあまり使われることはなく、われわれが名前を知っているのはToots Thielemansくらいのものだった。

当時、まだ健在だったマヌエラ店主中田のお兄さんの健一氏が彼を連れてきて、自らがピアノ伴奏をして、ゲストデーの一夜を作ってくれた。そのことを、思い出してネットでClaude Gardenで検索したところ、その翌年に67歳で亡くなっていることが分かった。

実は、中田の兄ちゃんも2005年9月に旅行中に64歳で急死してしまった。なんてぇこった。2人とも死んでしまったのだ。

このサイトでクロード・ガーデンのことにもジャズ・ハーモニカのことにも触れていないので、これはいかんと思い、このページを書いている。


       Claude Garden           Kenichi Nakata   Kazuhi Ohsumi

クロードはクラシックからジャズ、ポップスまでのオールラウンドプレーヤーとしてハーモニカ界ではプリンスと言ってよい存在だそうだ。われわれはきちんとしたハーモニカ演奏なんて聴いたことがない。きわめて新鮮に聞こえたし、その超絶な技巧に驚きを隠せなかった。


中田の兄ちゃんは、トゥーツ・シールマンスが東の横綱でクロードが西の横綱だとか世界の双璧だと解説していた。クロードはカナダ生まれのフランス人でフランスで活動していると言っていたが、フランスのサイトにはノルマンディの生まれだと書いてある。

カナダが好きで一時はモントリオールのテレビなどに出ていたり、フランス人の多いケベック州で活動していたのだそうだ。

トゥーツ・シールマンスはアメリカで有名になったが、ベルギー生まれで1952年にアメリカに移民し、はじめはチャーリー・パーカー・オールスターズのメンバーとなった。


Toots Thielemans(1922-2016)

 
その後、ジョージ・シアリング・クインテットにも参加し、ベニー・グッドマン、クインシー・ジョーズらと共演している。ジャズ・ハーモニカでは最古参のハモニカ爺さんは現在91歳でまだまだ健在である。

この演奏は2009年のアムステルダムでのコンサートのビデオである。(2013/10/7)


訃 報

Toots Thielemans, Jazz Harmonica Player, Is Dead at 94


Mr. Thielemans, right, and Benny Goodman play each other’s instruments around 1948.

それぞれの楽器を持ちかえての演奏です。め・ず・ら・し・や!

Toots Thielemans, one of the only musicians to have a successful career as a jazz harmonica player, died on Monday in Brussels. He was 94.

The death was confirmed by Mr. Thielemans’s agency, which did not specify a cause. Mr. Thielemans, who retired in 2014 for health reasons, had been hospitalized recently with a broken arm.

8月22日に亡くなり、New York Timesに訃報が出た。90歳を過ぎても活動していたのだが、2014年3月に「聴衆を失望させるわけにはいかない」と現役引退していた。晩年は生まれ故郷のブリュッセル、ベルギーに帰っていた。

Jean-Baptiste Frederic Isidore "Toots" Thielemanという長い名前なんです。(2016/8/23)


  Index       Previous Next