Out of Nowhere
music: Johnny Green/ lyrics: Edward Heyman
1931

 

Johnny Greenが作曲しEdward Heymanが詞をつけた。1931年にビング・クロスビーが吹き込んでいる。私の生まれる10年前の歌だ。

何処からともなく現れて、人の心をつかんで何処かへ立ち去ってしまう。何とも格好いい男の歌だ。

Johnny Greenは”Body and Soul”でも有名だ。


Johnny Green (1908-1989)

OZ SONSの小島の大好きな歌なので、彼のソロを入れたバージョンで2004年にアレンジをした。このレコーディングはそのコーラス見本である。


Lyrics

You came to me from out of nowhere,
you took my heart and found it free.
Wonderful dreams, wonderful schemes from nowhere
made every hour sweet as a flower for me.

If you should go back to your nowhere,
leaving me with a memory,
I'll always wait for your return out of nowhere,
hoping you'll bring your love to me.