Basin Street Blues
music & lyrics : Spencer Williams
1928
 

 

この歌をミルス・ブラザースが歌っているのを15,6歳のころに聴いて痺れた少年が70歳になったので、「そろそろ歌ってみるか」とレコーディングしてみた。

昔からマヌエラでは、中田のピアノで1人でたまには歌っていた。この歌は1人じゃさびしい。ところが誰でも譜面だけ書けば歌えるというわけにいかないところがある。身体にしみ込んでいないと歌えないような気がする。Millsの歌はすべて人には真似のできない独特の歌い方がある。ましてや英語の下手な日本人では話にならない。


Basin Street

そこで試しに1人コーラスをレコーディングしてみた。OZSONSのメンバーへの見本になればと思ってのこと。OZ3でちょっと練習してみたことがあるが、全く人に聞かせるものにはならないことが分かった。わかGの1人コーラスも自分で気に入らない。ミルスBrosとは真似の対象にはならないのである。

別曲で”Till Then”があるが、これも年取ったら歌おうと思い、試しにレコーディングしたが、下手くそ極まりない。ミルスとは不思議な人たちである。 


Lyrics

Now won't you come along with me?
Down the Mississippi
We'll take a boat to the land of dreams
Stream down the river down to New Orleans

Oh, the band's there to meet us
Old friends will greet us
We saw the place where the folks all meet
Heaven on earth they call it Basin Street

Basin Street is the street
Where all the elite meets
In New Orleans the land of dreams
You'll never know how nice it seems
Just how much it really means

Glad to be, yes siree where welcome's free
Dear to me that will I lose
My Basin Street Blues

・・・・・・・

Now won't you glad to came with me?
Down the Mississippi
We saw the place where the folks all meet
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・