小谷教夫を偲ぶ



ピアノの小谷教夫が2022年6月1日に亡くなりました。73歳でした。後輩の一泉ナオ子からの知らせです。

3月下旬に白血病が悪化し緊急入院、4年前から体調が悪かったといいます。

昔から、沢田靖司師匠が大きなパーティをやるときに、小谷さんをピアノに呼んでいました。この遺影は20年程前の霞が関ビル33階で開催したディナー・パーティの時に撮ったものです。随分、若いですね。

リトル・マヌエラは素人が歌ったり演奏したり楽しむ店で、ライブハウスではありませんが、ゲストデーという日は、皆さんに聴いて欲しいミュージシャン・歌手のライブをやっていますが、此処にも小谷教夫カルテット+リオ(vo)を呼んだことがありました。

また、「神楽坂もりのいえ」には毎週小谷さんのピアノの日がありました。昔から身近なピアニストでした。


小谷教夫(pf)    大角一飛(bs)   リトル・マヌエラ 2015


リオ(vo)
        

マヌエラでの写真です。若山が撮りました。小谷さん、何とも残念です。R.I.P.

(2022/6/2・若山記)


小谷教夫     一泉ナオ子

一泉ナオ子からの報告

昨日6月1日、ジャズピアニスト小谷教夫さん(享年74歳)が亡くなりました。奥様よりご連絡いただきました。3月下旬に白血病悪化により緊急入院された新宿区の国際医療センター血液病棟から1週間前に聖路加の緩和ケアに転院したばかりでした。

ジャズピアニストとして50余年のキャリアをお持ちの小谷さん。その演奏の音色は実に端正、知的情熱で奥深く、心に響くものでした。著書のジャズのアドリブ教本もロングセラーでお馴染みの方も業界には大勢いらっしゃると思います。お人柄は、物静かで、繊細で、ちょっと気難しくて、でも嘘のないロマンティスト。

私がジャズ界に入ってから21年間お世話になった尊敬する大先輩、本当にたくさんのことを教えてくださった恩人であり、近年は(僭越ながら)同朋でもあった小谷さん。もう一度一緒にプレイしたいねとおっしゃって下さっていました。

毎日メールや電話でやりとりしていましたが、昨日午後から突然連絡がとれなくなり、大変心配しており、まさかと思い奥様にお電話してみました。覚悟はしていたものの、余りに急で、その衝撃に身体の力が一気に失われています。

病院の方針でお会いすることも叶いませんのでまだ実感もわきませんが・・苦痛なく旅立たれたそうです。心よりご冥福をお祈りいたします。長い間本当にありがとうございました。ご葬儀は密葬だそうです。ジャズ界でのお別れ会が行われるようでしたら別途お知らせいたします。(2022/6/2)


小谷教夫を偲ぶ会予定

 

 

●日 時:2022年9月25日(日) 16:30-23:30 (1部と2部に分けることにします)
●場 所:六本木 All of Me Club 03-3403-1947
●会 費:¥3,000(プロミュージシャン) ¥5,000(一般) 
       (フリードリンク・おつまみ付き)
●Welcome Band:森田 潔(pf) 大角一飛(bs) 二本柳守(dr)

●ご都合のよい時間帯におお越し下さい。
●楽器や譜面をお持ちください。皆さんに献奏・献歌していただきます。

発起人:池貝政俊、大角一飛、西川喬昭、二本柳守、丸山繁雄、
     山見慶子、若山邦紘、早稲田ジャズ研OB

問い合わせ・参加申込み: 
     事務局 一泉ナオ子 090-4372-4031

(2022/6/12)

当日の時間割について 

参加希望者の人数が100名を越します。そこで、

16:30 開場

17:00 第1部開始 〜 20:00 第1部終了

20:00〜20:30 休憩

20:30 第2部開始 〜 23:30 第2部終了 閉店

と致します。

参加者の皆様、第1部・第2部とも基本的には同じプログラムで進めたいと思います。

都合の良い時間に従って第1部に参加するか、第2部に参加するか事務局・一泉まで連絡を下さると有難いです。

(2022/7/26追記)

小谷教夫の略樂歴

1948.7.17
長崎県生まれ 後に広島に転居
 

1950年代前半

小学生の頃、ピアノ教師だった母親の影響でピアノを弾き始める
 
1967.3

広島大学教育学部付属高等学校卒業
     在学中に自己ののジャズバンド モスキートーズで活動

 
1968〜1972
早稲田大学商学部在学中「早稲田大学モダンジャズ研究会」所属
 
1971〜1976

早稲田大学在学中からプロ活動を始め西川喬昭カルテット

 
1977〜1981
松本英彦カルテット
 
1978〜1981
松本英彦「ラブリー・ジャズ・ミュージック・スクール」講師
 
1981〜1995
鈴木章治とリズムエース(鈴木章治が亡くなるまで)
 
1982.11
カーネギーホールで演奏 鈴木章治とリズムエース
 
1996〜
自己のグループでライブハウス、ホテル、等で幅広く活動
 
2007
ファーストアルバム「My Little Valley」リリース
 
2008
セカンドアルバム「Your Little Valley」リリース
 
2018.4

骨髄性単球性白血病発症

 
2022.6.1
死去(享年74歳)
 

https://youtu.be/2M0_DmtormM

1993年

  

 

https://youtu.be/OvGbDfVzyEY

多分、最後のclub tでのビデオでは?

  


小谷教夫著書

 

◆  


(2022/6/9 ナオ子送付)


2002年パーティ


AoM 2006/5

小谷教夫トリオ アルバムCD

小谷教夫(pf) 山口 彰(bs) 二本柳守(dr)

Little Valley=小谷



ファースト・アルバム 2007年

小谷教夫(pf) 大角一飛(bs) 二本柳守(dr)



セカンド・アルバム 2008年

このCDからお聴きください

@ Like Someone In Love

A Alone Together

B When I Look In Your Eyes (ソロピアノ)

偲ぶ会参加者数(6/15現在)

連絡者人数 
出席回答者数
欠席回答者数 
未回答者数

130名 (除早稲田ジャズ研OB)
 90名
 12名
 28名

(2022/6/15)


鈴木ひろゆき(Bs)   小谷教夫(Pf)  一泉ナオ子・中野幸代 (Vo)

3月24日@クラブt、小谷さん最後の演奏となりました・・偶然私も一緒でした。見るからに具合悪そうな顔色。胸がいたみます。翌日緊急入院されました。

演奏は素晴らしかったです。 お客様がみな感動していました。

(2022/6/16 ナオ子)

私が持っている写真は自分と一緒の写真しかないので、FBで他からも募っているところです。


Youtubeより

(2022/6/17 ナオ子)


小谷さんのフォトフレーム

(22/6/26)


麹町 スタジオNOTAでVocal Session  2020/12/25


小谷(pf)   黒田(sax)   二本柳(dr)   キャロル山崎
        松島(bs)                          2017/12


細川正道  おぬきのりこ  小谷教夫  原田俊太郎  2014/1


日本楽友会懇親会より


2015年楽友会懇親会


2017年楽友会懇親会


2017年日本楽友会懇親会
小谷教夫(pf)    谷口雅彦(bs)    清水万紀夫(cl)    奥田英人(dr)


早稲田同窓ライブ 新宿J 2015?


浅草HUB 2021/11
小谷教夫(p) 右近茂(ts) 堤智恵子(as) 谷口雅彦(b) 原田イサム(dr)


高校時代の小谷教夫

 

「モスキートーズ」の友へ

小谷くん、君と初めて会ったのは高校時代だから60年くらい前ということになるね。当時の僕は吹奏楽班にいたと思うが、クラスメイトの高名くんに誘われて一緒にジャズの世界に踏み込んだ記憶です。同じ班の赤尾くんがサックスで参加していたことも心強かった。バッハなどを流麗にこなす腕前の君から、ソニーロリンズやチックコリアの話を聞きながら練習した「ワシントン広場」「テイクファイブ」は懐かしい思い出です。当時の文部官僚上がりの校長が正式な部活動でないジャズバンド「モスキートーズ」を批判し、それらに対して新聞部の僕も「高校新聞」でそういう対応に反発するなどいろいろな混乱もありましたが、終始冷静だった君の姿は一番の心の支えでした。

それから10数年経ったある日に突然の連絡があって、上田市での演奏会終了後の君に会いに行ったことを覚えています。確か「鈴木章治とリズム・エース?」でピアノを担当していた時分か。音楽の話を中心に何でも話せる高校同級生の温かみを覚えています。

2013年11月24日、母校の講堂で「アカシア57あら古希・モスキートーズ再び」演奏会で40数年ぶりの再結集・再演奏を試みたわけですが、「柔道とレスリング位の違い」(君の表現)のあるクラシック畑の僕のために、数少ないジャズ演奏を分析し選曲してくれたプロとしての君に今でも敬意を持っています。ちなみに僕のために選んでくれた曲は「鳥の歌」と「On The Sunny Side Of The Street」だったかな。

今の時代としては「早逝」とも思いますが、もうちょっとだけ待っててください。お土産話を持っていけるよう頑張ってみます。

狭間 孝

(2022/7/4)

(2022/7/5)


鈴木章二とリズムエース

カーネギーホール・コンサート

1982年11月

 

提供 細川正道(2022/7/8)

 

https://youtu.be/vFubyTzG8Tk

  

 

https://youtu.be/6VWVDPbw3Ew

このStephen Sondheimの名曲”Send In The Clowns”は、カーネギー・ホールでのコンサートの翌日、マンハッタンでレコーディングされたレコード「鈴木章治とリズムエースSwing in MANNATTHAN」の1曲。

鈴木章治と小谷教夫の素晴らしいデュオ演奏を聴いてください。


Passion Dance

 

https://youtu.be/xEAgRIQMzac

2011年早稲田大学モダンジャズ研究会50周年記念コンサート@恵比寿ザ・ガーデンホテル

 

https://youtu.be/U-s9q_LKqWo

(2022/7/15)

 

https://youtu.be/jbNuTK8062Q


小谷教夫のブログが残っている

https://ameblo.jp/k-jps/theme-10043470415.html