歌とミュージシャンにまつわる話
Story of Songs and Musicians


(321) 数原 晋死去 74歳


数原 晋(1946-2021)

名トランぺッター、数原 晋が4月に亡くなっていた。

メディアで訃報が出ていなかった。それは、死去の公式の知らせが一切されていなく、電話をしてもかからない。それで、知人が市川の自宅を訪れて、4月に亡くなり家財道具などの荷物がすべて運ばれたという話を大家さんから聞いたという。

1980年に前田憲男さんが日本一のミュージシャンを集めて「前田憲男とWind Breakers」を結成した。メンバーは10人、前田憲男(pf)、荒川康夫(bs)、石松 元(dr)、沢田駿吾(gt)、伏見哲夫(tp)、数原 晋(tp)、原田 靖(tb)、稲垣次郎(sax/fl)、西城孝之介(ts)、原田忠幸(bari)である。


前田憲男画 (2010年頃)

ドラムスの石松 元の一番下の弟はニューブリードのメンバーだったが、広島お好み焼きの店「凡」を開いた。日本一美味しいお好み焼きを焼いてくれた。数原 晋は凡の常連で、よく出会ったものだ。

前田さんと羽田健太郎と佐藤允彦のトリプル・ピアノは、毎年、サントリー・ホールでコンサートがあったが、楽しみにして聴きに行ったものだった。ある時は、お好み焼きを差し入れに楽屋まで行ったこともある。ウィンドブレイカーズも必ずコンサートで演奏を聴かせた。

2010年はウィンドブレイカーズの30周年記念のライブがSTB 139で開催されたが、伏見さん、石松さん、沢田さんは既に亡くなっていて、メンバーも入れ替わり、オリジナルメンバーは5人、前田、荒川、数原、稲垣、原田、それに市原康、ハル斎藤、河東伸夫、西山健治で、沢田駿吾の替りは入れず永久欠番でした。

74歳とは若すぎる。向こう側の方が賑やかになりつつある。R.I.P.

(2021/5/28)

  Index      
Previous
Next