ジャズとコーラス

(17) マンハッタンのタクシードライバー Tuxedo Junction

Manhattan Transfer
1972年に Tim Hauserをリーダーに結成されたグループです。頭の丸いおじさんです。彼がその昔はニューヨークのタクシー・ドライバーだったというのがグループ名の由来です。彼のCabにJanis Siegelジャニス・シーゲルを乗せるという運命的な出会いがあったのです。それで驚いてはいけません。Alan Paulアラン・ポールも乗せたのです。

同じグループ名で1969年に"Jukin'"というアルバムが出ていますが、これはすぐに消えてしまった、カントリー風のグループなのですが、これがManhattan Transferなのです。たまたまLPが手許にあったのですが、Tim Hauserがメンバーの1人なのでびっくりしたことがあります。0代目のマントラです。

1975年に出された"Manhattan Transfer"というアルバムが、現在のマントラの最初です。1曲目が"Tuxedo Junction"なのです。当時はSop.がLaurel Masseでしたが、78年に車の事故で歌えなくなり、 Cheryl Bentyneに交代して現在に至ります。

一時は若者に迎合したロックっぽい、うるさい、つまらない時代もありましたが、本物を歌わなきゃならない大人がガキにお愛想など売ってはいけません。80年代前半ですよ。環七沿いの立正佼成会の大ホールでのコンサートだったか、そんな頃でした。

若者は喜ぶわけではありません。どうせ何やっても分からないんだから。第一、おじさんの臍が曲ってしまいます。その後、80年代後期は元通りになってほっとしています。

つい先頃、98年の暮に南青山のブルーノートでライブがありました。相変わらず元気です。

電話交換手の歌"Operator"を聴いて興奮しました。「ロング・ディスタンスでイエス様につないでくれ」という印象的な歌なのです。

2000年11月には日本各地を1ヶ月間ツアーをしました。東京が最後のようでしたが、たくさんのファンがつめかけました。リーダーのTim Hauserは私と同い年なのですが2時間休みなしに唄いつづけました。サッチモの生誕100年記念のアルバムから新しい曲も披露しました。円熟の域に達しているようです。

2001年12月にも来日しました。Blue Note Tokyoでのライブは、乗りまくりのステージでした。近年ではもっともエキサイティングなライブを見せてもらいました。いや、聴かせてもらいました。

東京に「ジャズタクシー」というのがあるのをご存知ですか?爵士樂堂は一度偶然に乗ったことがあります。

今夜は2007年7月8日(日)です。マントラの今年のジャパンツアーの最終日でオーチャードホールでのコンサートです。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団をバックのオーケストラバージョンです。このコンサートを我々は最前列を占拠して聴いて来ました。流石に興奮しますね。マントラと僕らの間には他人は誰もいないのです。あー、面白かった!


訃 報


Tim Hauser(1941-2014)

マントラのリーダー、Tim Hauserが2014年10月16日に心臓発作のためSayre, PAの病院で亡くなりました。12月12日生まれですので72歳です。3人が以下のように伝えています。

It is with heavy hearts that we share the news of Tim Hauser’s passing with you all... As many of you know, Tim was the visionary behind The Manhattan Transfer. We spent more than 40 years together singing and making music, traveling the world, and sharing so many special moments throughout our lives... It's incomprehensible to think of this world without him.
We join his loving wife, Barb, his beautiful children, his family, and the rest of the world in mourning the loss of our dear friend and partner in song.

Love,
Janis, Cheryl and Alan

2013年に脊髄の手術を受けてしばらく休んでいたという話が伝わっているが、これが原因となったのかどうかは不明である。グループとしては後任のシンガーを入れて既に活動している。

「それじゃマントラじゃないわね」って言ってきたのは、プロ・ジャズコーラスThe Goodiesの夏代ちゃま。その通りだ。運転手が居ないじゃね。


Manhattan Transfer in TOKYO, 1986

1986年に中野サンプラザのコンサートで初めて生で聴いた”To You”には始めの一声で固まってしまった。その夜の衝撃が忘れられず、20年経ってからFJS女声ジャズ合唱団のレパとしてアレンジをして歌わせている。上手だよ〜。

もともとThad Jonesの書いた特別の曲です。いいに決まっている。

その時のわかGが固まった一声をDVDから録りだした。鍵のかかったDVDで普通はコピーできないものだ。Live録音だから、スタジオのものとは違うのです。

⇒ ”To You” by Manhattan Transfer, recorded live in February 1986.

 

R.I.P.(2014/10/17)


3代目マントラ


Trist Curless, Alan Paul,
Janis Siegel & Cheryl Bentyne

じいさんは、もうマントラに興味はありません。一世代下のきよGはコンサートに行ってきました。やっぱり若いんだ。(2016/10/31)


  INDEX     PREVIOUS NEXT