歌と歌手にまつわる話

(96) オスカー・ピーターソン死去 When Summer Comes


Oscar Peterson(1925-2007 )

ダイアナ・クラールが有名になってきた時、カナダ出身と言えばオスカー・ピーターソンを思い出すと書きました。ついこの間、来日していたと思っていましたが、もう3年も前のことです。

2005年、80歳の記念にひとつの歌が出来ました。

"When Summer Comes"というタイトルの曲をオスカーは作曲し、演奏していたのですが、Niels Pedersenという人物がそれにオスカー自身に歌詞を書けと提案しました。しかし、Nielsが2004年に亡くなってしまい、その遺志を継ぐ形でオスカーはElvis Costelloに作詞を依頼しました。そして、80歳の記念イベントでダイアナ・クラールが唄ったというのです。

When Summer Comes
Music by Oscar Peterson
Lyrics by Elvis Costello
Originally Performed by Diana Krall

Duke Ellingtonに「鍵盤の皇帝(Mahraja of the Keyboard)」と呼ばれ、みなに愛され続けたオスカー・ピーターソンは2007年12月23日にカナダ、トロントの近郊、Mississaugaの自宅で息を引き取りました。82歳でした。

1950年代の初めにオスカー・ピーターソン・トリオが結成され、60年代の中頃まで続きますが、その間、一緒だったのが1つ年下のレイ・ブラウン(ベース)です。レイ・ブラウンは5年前に先に亡くなっています。

皆さん、オスカー・ピーターソンの歌を聴いたことがありますか?私は20年ほど前に”Walkin' My Baby Back Home”を唄うのを聴いて嬉しくなったことがあります。直ちに採譜したのを覚えています。ピアノの演奏と同じで、歯切れがいいのです。(2007/12/26) 


毎日新聞(2007/12/26)

  Index       Previous Next