Until It's Time For You To Go
Lyrics and Music: Buffy Sainte-Marie
1965


作詞・作曲はBuffy Sainte-Marie(1941- )というカナダ生まれの原住民、つまりインデアンである。これまでいろいろなソングライターに出会ってきたが、原住民とは、これが初めてでびっくりしている。

2002年に結成したFemale Jazz Singers(FJS)のレパートリーに3声のコーラスに編曲までしたのだが、元歌を聴くことなしに譜面を書いた。耳から入っていたのは、お友達の杉ちゃんの名唱だったのです。杉ちゃんは男歌詞で歌っていました。
 

小難しい話だが、歌のリズムは4分の3拍子だが、譜割りは3連符×3を基本に書いた。杉ちゃんの歌い方がベースになっている。ところが、私がピアノ伴奏ではスローな8分の6拍子(2ビート)で弾いた。Buffyのギター弾き語りとまるで同じ形だ。歌う人には難しかったようだ。最近、彼女のYou Tubeが出ていたのを見つけた。

例によって、サンプル・コーラスですが女声キーで歌っています。低いので、何ともイイ感じになりました。

https://youtu.be/tt4nzLrILsw

(2020/2/19)


Lyrics

You're not a dream, you're not an angel, you're a man.
I'm not a queen, I'm a woman, take my hand.
We'll make a space in the lives that we planned.
And here we'll stay until it's time for you to go.

Yes, we're different, worlds are part, we're not the same.
We laughed and played at the start like in a game.
You sould have stayed outside my heart, but in you came.
And here you'll stay until it's time for you to go.

Don't ask why, don't ask how, don't ask forever, love me now !

This love of mine had no beginning has no end.
I was an oak, now I'm a willow, now I can bend.
And tho' I'll never, in my life, see you again,
Still I stay Until It's Time For You To Go.

Woo woo woo...