ジャズと雑学

(59) ハーレム・ストライド・ピアノ

James P. Johnson(1894-1955)

われわれの後輩の才女、小川理子はパナソニックでTechnicsの開発に携わる技術者であり、唯一の女性の重役でもある。7年間東京にいた時は月に何回か会っていたが、大阪に戻ってもう8年くらいになるのか。

つい2,3日前にメールで「単行本を出版しました」と知らせてきた。そこで、宣伝がてらの1ページを書いて、Facebookにもお知らせを出しました。そうしたらHickeyさんが、「ストライド・ピアノってPete Johnsonみたいなの・・・?」と書き込んできた。

Pete Johnsonはブギウギ・ピアノで有名なピアニストですが、ブギウギはブルースの流れでシカゴで発展し流行りました。

それに対して、ストライド・ピアノはラグタイムを源にし、ニューヨーク、ハーレムで発展したピアノ奏法で、James Price Johnsonがその創始者と言われてます。初めはスコット・ジョプリンのラグタイム・ピアノを弾いていたそうです。”Maple Leaf Rag”です。1912年、18歳の時にプロになっています。

  Luckey Robets     Willie "The Lion" Smith
(1887-1968)        (1897-1973)
Thomas "Fats” Waller
(1904-1943)

1920年代、3大ストライド・ピアノというと、Luckey Roberts、Willie "The Lion" Smith、Thomas "Fats" Wallerという名前が出てきます。

何だかハーレム全体がブンジャ、ブンジャってリズムに乗っているのが聞こえて来ませんか?(2017/3/9)


  Index       Next