ジャズとコーラス

(49) アメリカ版スリー・グレイセス Requiem 


Three Graces

なんとスリー・グレイセスというグループがアメリカに2006年に出現し、2008年にデビュー盤をDeccaから出したと思ったら、ろくにヒットもせずあっという間に立ち消えていきました。

私たちを大きな舞台に引き上げてくれたのは日本のスリー・グレイセスです。グレばーさんのプロデューサーの藤原に「おい、アメリカにスリグレが出たぞ。グループ名の商標登録は大丈夫なのか?」と聞いたことがあります。

この人たちのジャンルはClassic Crossoverだといいます。われわれには「クロスオーバー」といえば、Jazzにロックや電子音楽が混ざった音楽形態のことです。

3人の出身はクラシック、ポップス、ブロードウェイミュージカルだそうです。クラシックにポップスとミュージカルが混ざったものといいたいらしいです。それでClassic Crossoverなのです。

このグループのたった1枚のCDのトップに”Requiem”というタイトルのコーラスが入っているのにびっくりしました。珍しいのでお聞かせしましょう。いや、お見せします。北欧スエーデンの作曲家が作曲したものだそうです。”Kyrie”はありません。聴いて、もう一回驚きました。

 

    

その1枚こっきりのCDです。おじいちゃんはこのジャケットを見て驚きました。ドキッとします。

通常、コーラスグループの名称には定冠詞が付きます。”The Golden Gate Quartet”、”The Platters”というようにです。ところが言うまでも無く”The Three Graces”はギリシャ神話・ローマ神話の「三美神」のことです。というわけで、彼女たちのグループ名には”The”が無いのでしょう。


  INDEX     PREVIOUS NEXT