歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(258) Procol Harum A Whiter Shade Of Pale


Procol Harum, 2016

プロコル・ハルムが1967年にぶっ飛ばした世界的大ヒット曲に「青い影」がある。オドロキだが、まだこのバンドは活動している。リーダーのGary Brooker(vo,pf)は昭和20年生まれだが、まだ唄いつづけている。

昔、渋谷の家の近くに変わったレストラン「月乃ひかり亭」が出来た。オーナーは児玉泰弘という銀行家上がりのシェフだった。ケーキを専門に焼くあけみさんがいた。

その児玉さんが、私についてDOMINANTに出入りするようになったが、なかなか歌おうとしない。

 

「青い影」ともう1曲、思い出せないが、その曲の譜面を書いてくれたら歌うなどと抜かす。書いたけど結局歌わないうちにDOMINANTは閉店した。

1つ前のページでホセ・フェリシアーノを書いてYoutubeを開いていてのことだ。Procol Harumのビデオが目に入った。しかも最近のビデオが上げられている。デンマークでのコンサートとのこと。未だ、生きていたんだとびっくりして見て懐かしい。ストリングのオーケストラと大コーラス付きで荘厳な演奏だ。オリジナルのレコードを凌ぐ編曲で贅沢の限りである。ビートルズのすぐ後に出て来たイギリスのロックバンドなのだが、クラシカルな音楽手法は薄っぺらいものではない。

 

https://youtu.be/St6jyEFe5WM

この曲のコード進行はバッハの「G線上のアリア」そのものである。底流にバッハが流れて世界中にヒットしたのだろう。作曲はGary Brooker自身で、作詞はオリジナルのメンバーだったKeith Reidである。(2018/9/9)


  Index       Previous Next