歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(268) ジョセフィン・ベーカー


Josefine Baker(1906-1975)

ユニークな人生を送ったジョセフィン・ベーカーを思い出した。私が、まだ中学生の頃、1954年に来日してニュースになった。当時はどういう人物か何も知らないし、興味もない時代だった。

Wikipediaを見ると、ジャズ歌手・女優と書いてある。

皆さんは、ジョセフィン・ベーカーの歌を聴いたことがありますか?

1954年、来日の目的が戦後駐留軍の混血孤児を預かる大磯のエリザベス・サンダースホームの支援活動のために各地でショーを開催し、その売り上げを寄付することであった。サンダースホームを設立したのは、三菱財閥、岩崎彌太郎の孫で、外交官・澤田廉三に嫁いだ澤田美貴である。フランスでジョセフィン・ベーカーと親友になったという。

ベーカーはサンダースホームから2人の孤児を養子にして育てた。彼女の養子は11人になったという。

ジョセフィン・ベーカーは自分自身、人種差別に悩まされアメリカを去り、フランスに移り大成功を修め人気女優の名声を得、フランス国籍を取得した。

 

(2019/4/2)


  Index       Previous Next