ジョー蒲池のジャズピアノクラブ

JOE

ジョー蒲池(蒲池 猛)は原信夫とシャープス&フラッツのピアノで知られています。そんな頃は原さんの姪である大原江里子は中学生くらいだったと言っていました。

わかGはかつてバブル経済のピークの頃、夜更けのSound Innとして各界の有名人を集めた六本木、テレ朝通りのDOMINANTという店で紹介されました。もう20年くらい前の話です。
 

六本木ジャズクルージングがピークだった頃、女声ジャズ合唱団(FJS)を立ち上げました。わかGはその音楽監督、くりGが合唱指導を任されました。その合唱団のメンバーになったのが、蒲池の奥さんの松井かおるでした。夫婦共にそれぞれがわかGの関係者となりました。

2007年の4月に2人は赤坂2丁目にジャズピアノクラブを開店しました。2人から知らせはもらっていたのですが、3年間仮住まいで杉並の田舎にいました。なかなか機会がなくご無沙汰しっぱなしになってしましました。かおるも江戸博物館学芸員という昼間の職業とジャズバーの経営という忙しい身となって合唱団の活動はできなくなり、普段、顔をあわせることがなくなりました。

2010年7月にオージーサンズ一家の鈴木史子が蒲地に呼ばれて、Joeで初ライブとなりました。こんな機会に行かないと一生行けなくなりそうです。まこGも応援に来てくれました。やっと、2人の顔を何年かぶりに見てきました。


↑地図を右クリックで印刷ができます。

2人を応援しなければなりません。蒲池は何でも弾いてくれます。お客の歌伴もOKです。一度、訪ねてみてください。「ワカヤマに奨められて来た」といってください。決して粗末にはしません。

僕らは蒲池のことを「城下町」と呼んでいました。(2010.7 爵士樂堂主人)


ジョー蒲池(pf,Vo)


かおる(Vo)


2015年の日本楽友会懇親会で久し振りに


JOEのホームページ