歌とミュージシャンにまつわる話
Story of Songs and Musicians


(314) Cleo Laine  I've Got A Crush On You


Cleo Laine(1927- )

Dame Cleo Laineのファンの方から便りがありました。

クレオ・レーンが好きです。愛聴盤はシェークスピア・ジャズです。彼女をコメントしてください。お願いします。ワクワク。  

びべりうす (2021/3/9)

旦那のJohn Dankworthとオシドリ夫婦でいろいろな作品がありました。Dankworthのバンドと一緒にレコーディングしたアルバム“Shakespeare and All that Jazz”は1960年代の中頃の作品ですが、注目を集めたレコードです。英国らしいタイトルです。
 

A1 If Music Be The Food Of Love (Twelfth Night) Music By Dankworth
A2 O Mistress Mine (Twelfth Night) Music By Young
A3 Duet Of Sonnets Music By Dankworth
A4 Winter (Love's Labour's Lost) Music By Dankworth
A5 My Love Is As A Fever (Sonnet 147) Music By Strayhorn, Ellington
A6 It Was A Lover And His Lass (As You Like It) Music By Young
A7 Dunsinale Blues (Macbeth) Music By Dankworth
B1 Take All My Loves (Sonnet 40) Music By Strayhorn, Ellington
B2 Blow, Blow Thou Winter Wind (As You Like It) Music By Young
B3 Shall I Compare Thee (Sonnet 18) Music By Dankworth
B4 Witches, Fair And Foul (Macbeth & A Midsummer Night's Dream) Music By Dankworth
B5 Fear No More (Cymbeline) Music By Dankworth
B6 Sign No More, Ladies (Much Ado About Nothing) Music By Young
B7 The Compleat Works Music By Dankworth

普通の人には馴染みのない歌ばかりです。旦那の作が多いです。

Cleoの名前が話の中に出てきたのは、2002年にロンドンでサリナ・ジョーンズと食事をしているときでした。マネージャーのTonyが語り出したのです。実際、それまで、名前も知らず歌を聴いたこともありません。

今では、かろうじて名前だけ記憶しています。

70年代になってオーストラリアからアメリカでの活動が始まりました。リンカーン・センターでの米国デビューを果たし、83年のカーネギー・ホールでのコンサートはグラミー賞受賞となりました。レイ・チャールズやメル・トーメとの共演もあります。

彼女の音楽界への貢献により1979年に大英帝国勲章を受け、1997年にはDameの称号を授けられています。”007Goldfinger”を歌ったDame Shirley Basseyの10歳上です。

1曲お聴きください。(2021/3/13)

 

  Index       Next