ジャズとコーラス

(45) The Clark Sisters = The Sentimentalists


Tommy Dorsey Orchestra and The Sentimentalists

ある日、ベースの新井ちゃんが、

「先生、トミー・ドーシー楽団のサニーサイドのアレンジャーは誰だっけ?」

「そりゃ、Sy Oliverだよ」

という会話から、この”On The Sunny Side of The Street”のバージョンでFJS合唱団用のコーラス譜を書くことになりました。

練習の日に「クラーク・シスターズが歌っています」と紹介しました。合唱団のメンバーの寺木さんのご主人はドーシー楽団とシナトラのレコードを聴くのが大好きという古いジャズファンです。そのご主人が「サニーサイドを歌っているのはセンチメンタリスツじゃないか」と言っていますと寺木さんからのメール。

もともとドーシー楽団にはPied Pipersというおいしいコーラスがいました。最初は8人編成でしたが間もなくジョー・スタッフォードを含む4人が残りました。

トミー・ドーシーはセッカチで短気で性格の悪い男だったといいます。1942年に些細なこと、ツアーの最中の話ですが、Pipersの1人がポートランドの駅で「間違った行き先を教えた」で、彼を首にしてしまいました。それがきっかけでPied Pipersはドーシー楽団から総辞職けんか別れをしました。Pied Pipersはジョニー・マーサーのCapitolレコードと契約しました。Capitol初のレコードが”DREAM”です。

Clark Sistersは1939年頃からの姉妹コーラスで、当時のタレント発掘番組Major Bowes Amateur Hourに出場して優勝こそしなかったものの認められてUSO(United Service Organization)ショー番組に数ヶ月出演しました。このグループが. オーディションを受けドーシー楽団に雇われることになりました。ドーシーはコンボ・バンドでThe Sentimentalistsという名前を登録してあったので、彼女達のグループ名をThe Sentimentalistsとしました。

ドーシー楽団には有能なアレンジャーがごろごろいましたが、Sid Cooper、Nelson Riddle、Sy Oliverなどが彼女らのコーラス・アレンジをし、当時有名だったアンドリュースや後のマクガイヤーらのコーラスと違い、際立ってインストルメンタルなコーラスを展開してくれました。彼女たちにはそういう乗りができたということです。

この”CHICAGO”はSy Oliverがアレンジして自分でも彼女らと歌います。

 

もうひとつ、サニーサイドも聴いてみますか?

 

というわけで、Clark SistersとSentimentalistsとは同じグループなのです。1953年までドーシー楽団にいましたが、彼女らの働きに見合うだけドーシーが支払ってくれないので辞めることにしました。ドーシーはThe Sentimentalistsの名前は返せと言ったそうです。その3年後、ドーシーは就寝中にゲブをして戻した食べ物が喉に詰まり窒息死しました。51歳です。

その後、Beauty Shop Beatは1957年に、SING SING SINGは1958年にレコーディングしました。当然のことながらClark Sistersの名前に戻っています。(2012/4/29)

    


  INDEX     PREVIOUS NEXT