歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(231) 訳詩 CHARADE

昨晩、京子さんから「今度、K先生の発表会で”Charade”を歌うことになった」と。言葉の意味が分からないところがあるとのお尋ねメールだ。

ヘンリー・マンシーニとジョニー・マーサーの黄金コンビが3年続けてオスカーを取るかどうかが話題になったが、”Moon River”、”酒バラ”に続くことはなかった。しかし、マーサーの評価は前作よりもいのです。その積りで3曲のメロディーと歌詞を見てごらんなさい。前作の2曲はシンプルだったと気が付くでしょう。”Charade”は大人っぽいのです。

70代の方は、1963年のサスペンス映画「シャレード」のオードリー・ヘップバーンとケリー・グラントは記憶にあるだろう。
 


Henry Mancini(1924-1994)


Johnny Mercer(1909-1976)

あらためて歌詞を訳そうと思って眺めると、マーサーさん相も変わらず言葉使いが一筋縄ではない。京子さんが「何です?これ?」と言うはずだ。個々の単語の謂れや語源などをフォローしないとチンプンカンプンになる。いやはや、恐ろしいオジサンだこと。

CHARADE
Words: Johnny Mercer / Music: Henry Mancini
1963

---------------------------------------------

When we played our charade
二人でシャレードを演じた時
We were like children posing
子どものようにポージングしたものだ
Playing at games, acting out names
ゲームに興じて、有名人になった積りで
Guessing the parts we played
互いの演じたものが何か思いを馳せる
 

Oh, what a hit we made
おー、私達はなんと大当たりだった!
We came on next to closing
私達は閉幕のひとつ前に登場して
Best on the bill, lovers until
最高の出し物を演じ 、ふたりは恋人同士
Love left the masquerade
愛はマスカレードを外してしまった
 

Fate seemed to pull the strings
運命が糸を引くように感じて
I turned and you were gone
振り向くとあなたはもういなかった
While from the darkened wings
暗くなり始めた舞台の袖から
The music box played on
ミュージックボックスが鳴っていた
 

Sad little serenade
聞こえるのは悲しげなセレナーデ
Song of my hearts composing
私のこころが作曲した歌
I hear it still, I always will
それが今も聞こえている、私はいつでもやろう
Best on the bill, charade
最高の出し物、それはシャレード


Charadeは「見せかけの嘘芝居」とか「ゼスチャーゲーム」という意味がある。

マーサーさんの書いた歌詞の中で、Charade=Game=Billと解釈して訳すと分かりやすくなる。

Bill=Playbillのこと(芝居のビラ)。請求書ではありません。

演題のビラの立て看板=Billboardだが、音楽雑誌BillboardのヒットチャートからライブハウスのBillboardがお馴染みか。

久し振りにマーチャーの歌詞を訳してみたが、なんともロマンチックだねー。

(2017/9/7)


  Index       Previous Next