歌をつくる人にまつわる話
Story of Songwriters

(69) Carroll Coates London By Night

Carrol Coates (1929- ) 

Carroll CoatesはイギリスのHuntington(ロンドンの北200Km)出身で、所謂、Tin Pan Alleyのソング・ライターではないので、スタンダード・ジャズ・ファンには馴染みの薄い名前かもしれない。

彼の作品をほとんど知らない中で、”London By Night(1950)”という美しい歌を、シナトラが吹き込み、さらにSingers Unlimittedがアカペラで歌った。しかし、誰でも知っているという訳ではなさそうだ。

それが、オーボエを吹く日大芸術学部出身の若き御嬢さん、優子さんからこの歌を「コーラスで聞きたい」というリクエストがあるのだ。まだ果たしていないので、気にかかっているのでこのページが先に書かれることになった。

彼女は大学で花岡詠二の「ジャズ概論」の授業を受けた。花岡先生は「好きな歌は何か?」と質問をした。優子さんは”I Know Why”と答えたという。

しばらく時間をおいて花岡先生は「渋いね」と一言だけ語ったいう。20歳そこそこの娘が”I Know Why”とは花岡先生もたまげたのか、どうしたのか。ちゃんとしたコメントが出てこなかったのでしょう。


The Singers Unlimitted


クリックで拡大

この人たちはダブルにレコーディングして8声のアレンジで歌います。ライブでは歌えません。いつもヘッドホンを頭に掛けてスタジオで歌っているのです。リーダーのGene Puerlingはその昔、50年代にThe Hi-Lo’sという男声4声のグループをやっていましたが、60年代になってより音域を広めるために女声を加えたグループを始めたのです。

そのピュアリングも2008年に亡くなり、このグループは消えました。(2016/1/25)


  Index       Previous Next