歌と歌手にまつわる話
Story of Songs and Singers

(201) Bill Henderson 90歳で死去 Day Dream


Bill Henderson(1926-2016)

シカゴ生まれのBill Hendersonが90歳で2016年4月3日にロサンゼルスの病院で亡くなった。

ラムゼイ・ルイス・トリオで50年代初めに歌い始め、58年にニューヨークに出てレコーディングを始めている。60年代にはオスカー・ピーターソン・トリオで歌ったLPがヒットとなった。

評論家、Leonard Featherがかつて「ヘンダーソンのフレージングは彼自身の特許」と評した。「彼の歌う歌詞にはあたかも沢山の”コンマ”と”セミコロン”があるようだ」と書いている。

音をだらだら繋げずに、言葉の隙間に休符を入れて歌う様を言いたかったのだろう。

 

ヘンダーソンのLive動画は見たことがなかったのだが、探して見たらこんな歌が出てきた。2010年のライブ映像でDuke EllingtonとBilly Strayhornの”Day Dream”を歌っていた。84歳の声とは思えないくらい若々しい。若い頃のレコーディングより私の耳には気高く聞こえる。

エラやトニー・ベネットは譜面に忠実に楷書で歌っているが、ビルは自由奔放に草書で歌う。それにしてもBilly Strayhornという人は、何という曲を書くのだろう。人間業ではない。Duke Ellingtonが彼を離さなかった訳が分かろうというものだ。あらためて譜面を見てご覧!

(2016/6/4)


2年後の今、You Tubeを探って、もう1曲お勧めを見つけた。この1年前の83歳の”That Old Black Magic”だ。Johnny MercerとHarold Arlenの洒落た歌だが、これも素晴らしい。テンポを落とした1st.コーラスはピカピカです。

オスカー・ピーターソンとのレコードがヒット作だが、歌が黒人、黒人してます。晩年、80過ぎてのこの歌唱、わたしは痺れました。

(2018/5/8) 


  Index       Previous Next